ようやく全貌が明らかに! いまだからわかるカワサキ「Ninja H2/H2R」ティーザー動画のアレやコレ

「H2R」のフロントマスクには「さんぼんかわ」のリバーマークが(撮影協力:(株)BDS)
川崎重工の航空カンパニーも加わって開発されたダウンフォース発生のための部品(撮影協力:(株)BDS)
「Ninja H2R」のスーパーチャージャー
「Ninja H2R」のエンジン
燦然と真っ赤に輝くスーパーチャージャー
公道モデル「Ninja H2」が世界で初めて発表された2014年のEICMA会場『ミラノフィエラ』
2014年の登場で真っ先に購入したカワサキ「Ninja H2」(初期型)に乗る筆者(小林ゆき:身長160cm)
2014年9月30日に公開された10本目となるティーザー動画『Ninja H2: Vol.10 Ninja H2R - BUILT BEYOND BELIEF』
2014年9月11日に公開された5本目となるティーザー動画『Ninja H2: Vol.5 Historical Emblem』に映し出された昔ながらの「川」をアレンジしたマーク
フロントフォークのキャップはライムグリーンとなっている
バックミラーの位置に取り付けられているウイング。三次元の複雑な形状をしており、 ドライカーボンでこの形状を作り出すのは非常に高度が技術が必要とされる
川崎重工の総力を挙げて開発された「H2」「H2R」。2014年の登場から明石工場内部に大型のガスタービンなどとともに展示されていた

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事