「ゼブラゾーン」を走行してもいいのか?

ゼブラゾーンの本来の使い方を解釈すれば、渋滞や事故のリスクを減らすことができます
ゼブラゾーンとは、交差点の手前などで斜めの白線を白い枠線で囲んでいる区画線を指します
ゼブラゾーンは、渋滞や事故のリスクを減らす目的で設置されています
「ゼブラゾーンは本来走行を想定していない」という考えが一般的で、過失が修正される場合もあり
ゼブラゾーンを走行する際は、あまり速度を出さないことが重要です

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事