まるで小さな町!? ヘレス・サーキットのMotoGPパドックをぶら歩き

レッドブル・エナジーステーションと呼ばれるKTMのホスピタリティ。屋内は木を基調としている。どうやって解体し、どうやって建てるのか気になって仕方ない
両側にホスピタリティが並ぶと圧巻
グレシーニ・レーシングMotoGPのトレーラー。建物のような入り口
スペインGPを欠場したマルク・マルケス選手。ここで写真を撮影する人が何人もいた
常設のピットは数が限られるため、テントピットもある
パドックの入り口付近。右に見えるのは11~12コーナーにあるグランドスタンド。日差しが強いので、この陰で一休みする観客がたくさんいた
サプライヤーのトレーラーの中には、縦に伸びているタイプのものもあった
モンスターエナジー・ヤマハMotoGPのホスピタリティ
クリプトデータRNF・MotoGPチームのホスピタリティ
プリーマ・プラマック・レーシングのホスピタリティ
へレス・サーキットのパドックを1コーナー側のいちばん端から眺めた風景。左手の建物がコントロールタワー、その奥がピットエリアになっている
1コーナー側から歩き出してすぐ、右側にホスピタリティが集まるエリアがある
1コーナー側から直進すると、左にピットとチームのトレーラー、右にサプライヤーのトレーラーなどが並ぶ
モンスターエナジー・ヤマハMotoGPのトレーラー。2台のトレーラーを屋根がつないでいる

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事