2スト500!ドッカンパワーに怒涛の加速、昭和を彩ったヤマハ「RZV500」

2ストロークモデルが盛り上がっていた1980年代、ヤマハはV4エンジンを搭載する「RZV500R」を市場に投入します。世界で戦うレーシングマシンを一般市販車として開発・発売し、その姿に当時のバイクユーザーは熱狂しました。

2ストローク全盛期、あの頃は熱狂狂気の時代だったのか

 かつて世界ロードレースでケニー・ロバーツがライディングしたヤマハのレーシングマシン、YZR500のイメージを公道仕様車として再現したのが、1984年に登場した「RZV500R」です。この2ストローク500cc水冷V型4気筒エンジンを搭載したレーサーレプリカモデルは、美しいアルミフレームやシートカウル内に収められたマフラーなど、見る人を魅了しました。

ヤマハ「RZV500R」を駆るケニー・ロバーツ

 当時、ホンダは「NS400R」、スズキは「RG500Γ/400Γ」と、ヤマハの「RZV500R」とともに大型2ストロークモデルが世の中を席巻し、レーサーレプリカブームの火付け役となります。

 特徴的なのは独自のメカニズム、エンジン回転数にあわせて排気タイミングを制御するYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)でしょう。これは低回転域では扱いやすく、高回転域ではパワフルな特性とされています。レースでも一般公道でも、このメカニズムによる恩恵は大きいものでした。

 また、リアサスペンションはエンジン下に水平に配置され、ヤマハの最先端技術が惜しげも無く投入されています。さらに、車体左右には2本ずつ計4本のマフラーが配置され、迫力あるスタイリングに寄与しています。外装色は赤と白を基調とし、グラフィックはヤマハのスピードブロックを採用しています。

 走行性能は、2ストロークモデルならではの加速と軽量化が図られた車体と相まって、コーナーリングでもライバル車に拮抗する抜群の性能を誇っていました。

レースの技術が惜しみなく注ぎ込まれた「RZV500R」

 レーサーレプリカブームの日本では、各メーカーの中型モデルや限定解除問題で大型モデルのシェアはさほど伸びず、250cc2ストロークモデルや4ストロークモデルの爆発的ヒットもあり、ヤマハ「RZV500R」は販売された2年間で、国内3700台、海外1万200台弱にとどまり一代限りで生産を終えます。

「RZV500R」国内仕様価格(当時)は、82万5000円です。

【了】

提供:くるまのニュース

ヤマハ「RZV500」を画像でチェック

画像ギャラリー

最新記事