シャシーを刷新し、軽量化とマスの集中を追求したホンダ「CB650R」 快活な走りに磨きをかけた

フルモデルチェンジされたホンダの新型「CB650R」は、新世代CBシリーズ共通の凝縮されたスタイリングを与えられました。

見るだけで操る楽しみを想像できる新世代CBRの進化とは?

 扱いやすい車体サイズに、全域で伸びやかな回転フィーリングを堪能できる直列4気筒エンジンを搭載するホンダ「CB650F」が、フルモデルチェンジされ、「CB650R」へと進化。大阪および東京モーターサイクルショーにその姿がありました。

 筆者(青木タカオ)はいち早く、その実車を目の当たりにしていました。しかもLPL(開発責任者)の筒井則吉さん(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)とともに見て、詳細をチェックしています。

新型「CBR650R」

 まず見て思うのが、新世代CBシリーズ共通の凝縮感に満ちたプロポーションであること。ラウンドシェイプ=丸型のLEDヘッドライトは「CB1000R」から受け継がれる共通のアイコンで、ローとハイビーム間のHondaロゴプレートとヘッドライト周囲のベゼルはブラック仕上げ。精悍なフロントマスクが、CBシリーズの新型モデルであることをアピールしているかのようです。

 筒井さん:新構造のライトステーはアルミダイキャスト製で、これがメーターマウントも兼用。ライトの位置を「CB650F」時代より約97mm車体中心側に移し、マスの集中化に貢献しています。

フレームを見直し、車体重量を6kg軽減!

 メインフレームも新設計され、「CB650R」そして「CBR650R」に用いられました。高効率なダウンドラフト吸気を可能とするツインスパー形状を従来の650Fから継承しつつ剛性バランスを見直し、スポーツ性能を向上しているのです。

新しく設計されたツインスパー形状のメインフレーム

 筒井さん:スチール製フレームならではのしなやかな特性を活かしつつ、各構成部品を見直しすることで運動性能を向上させています。まずピポットプレートを鍛造プレートからプレス成型品を組み合わせたボックス構造に変更。より薄いスチールプレートを使いながら、モナカのように閉じた閉断面とすることで軽量化と高剛性を高次元で両立させることができたのです。

 さらにエンジンハンガーもクロスパイプに一体化。シートレールも刷新し、およそ60mm短縮させています。

 筒井さん:エンジン後方上部に位置するエンジンハンガーは、これまで別体締め付け構造でしたが、設計段階で製品の性能に問題がないかシュミレーションを行うCAE解析とテスト走行による走行フィールの作り込みによって、不快な振動を低減させることを達成しました。

※ ※ ※

 フレームだけで3kg弱の軽量化を果たし、完成車重量では6kg減を実現していますから驚きです。最高出力も90→95PSにアップし、パワーウエイトレシオを改善。市街地からワインディングまで快活なのが、ロクハンCBの持ち味でしたが、その魅力をいっそう高めています。

【了】

ホンダ「CBR650R」の写真を見る(6枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

最新記事