スズキ新型「バーグマン200」登場 高速道路も走行可能なコンパクトスクーター

スズキ新型「バーグマン200」は、大型スクーター「バーグマン」シリーズに共通する独立 2 灯型ヘッドライトおよびテールランプを採用した上品でスポーティーなデザインの小型モデルです。

上級グレードのデザインを踏襲した新型「バーグマン200」

 スズキは、軽量・コンパクトで扱いやすい 200ccスクーター「バーグマン200」のカラーリングを変更し、2019年4 月 11 日に発売します。

スズキ新型「バーグマン200」(マットフィブロイングレーメタリック)

スズキの「バーグマン」シリーズは、「スカイウェイブ」の国外向け仕様として登場したモデルで、200ccモデルほか、400ccや650ccエンジン搭載車、燃料電池仕様の「バーグマン・フューエルセル」など多数の車種が存在します。

 200ccの水冷エンジンを搭載することで、力強い加速と滑らかな走行性を実現する「バーグマン200」は、多機能メーターの採用や大容量のシート下収納、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高などにより、快適性と機能性を追求。通勤・通学からプライベートまでと様幅広い用途で使いやすいモデルとなっています。

 タイで製造される新型「バーグマン200」は、価格(消費税込)52万3800円で、車体色は新色のマットグレー及び、既存色のマットブラック、ホワイトの3色展開です。

【了】

スズキ新型「バーグマン200」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事