• バイクのニュース
  • 試乗記
  • スズキGSX250Rなら最近囁かれる“バイク=250ccで充分”説に異論ナシ! 等身大の性能がそこにある

スズキGSX250Rなら最近囁かれる“バイク=250ccで充分”説に異論ナシ! 等身大の性能がそこにある

スズキ「GSX250R」は、同クラスの他車と比べてパワーではなくトルクを重視し、街中やチョットしたスポーツ走行などに対応する優れた性能を持つ一台です。

トルク重視のエンジンで乗りやすい「GSX250R」

「バイクって、250ccで充分」と若いライダーが言っているのを耳にしたことがありますが、「GSX250R」に乗ると、その意見も頷けてしまいます。

 動力性能に大きな不満はないですし、スタイルも申し分なし。特に19年式で登場した「トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)」は、MotoGPを戦うチームスズキエスターのGSX-RRをデザインコンセプトにしたアグレシッブなカラーリングで、レースに興味があろうがなかろうが、文句なしにカッコイイではありませんか!

「GSX250R」に試乗する筆者(青木タカオ)

 乗ってみて感心するのは、常用回転域でのトルクの厚さ。フルカウルのスポーツバイクは、速く走ることが優先され、街乗りすると扱いづらかったりすることもしばしば……。その点、GSX250Rはクラッチミートする極低回転域から力強く、神経質さはまったくありません。

 これはエンジンの持って生まれた特性にヒミツがあり、同じパラレルツイン(並列2気筒)エンジンを積むライバル勢が「DOHC4バルブ」という高回転ハイパワータイプであるのに対し、GSX250Rは低中回転域でのトルクを重視した「SOHC2バルブ」なのです。

 スペックとか数値に興味はないという人も、もう少しだけおつき合い願いたい。最高出力は以下の通りで、大差をつけられて負けています。しかし、これはトホホ…なことではありません。

・CBR250RR=38PS/12500rpm
・Ninja 250=37PS/12500rpm
・YZF-R25=35PS/12000rpm
・GSX250R=24PS/8000rpm

 高回転までギャンギャン回したときには完敗となりますが、公道で安全に心がけて走っていれば、使う領域は低中回転域がメインとなりますし、また、タイトなワインディング(クネクネ道)でアクセルを開けたり閉めたりしながらスポーツライディングしているときも、トップエンドの伸びよりミドルレンジでの扱いやすさやトルクが重要となってくるのです。そこで、今度は最大トルクを比べてみましょう。

・CBR250RR=23Nm/11000rpm
・Ninja 250=23Nm/10000rpm
・YZF-R25=23Nm/10000rpm
・GSX250R=22Nm/6500rpm

 お気づきでしょうか。GSX250Rはわずか6500rpmで、ライバルらと同等のトルクを発揮しているではありませんか。何度も言いますが、高回転でのパワーはかないません。でも、日常でよく使う領域では、低中回転域がトルクフルなSOHC2バルブエンジンのおかげで、とてもフレンドリーで操作もイージー。ワイドレンジなので、シフト操作が少しくらいアバウトでもギクシャクせず走ってくれ、力強い走りが味わえるのです。

ミドルレンジの扱いやすさを重視した「GSX250R」

 レーシングマシンのような見た目とは裏腹に、そんな馴染みやすいキャラクターだから、「チョットそこまで」という用事に使えるなど、実際に乗る機会が増えるでしょう。

「GSX250R」の写真を見る 写真(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事