日常的に冒険気分を楽しむ 普通二輪免許で乗れるBMW Motorrad「G310GS」の親しみやすさとは?

素朴な乗り味に感動!? これもまたビー・エム・ダブリューなのだ

「G310GS」にまたがってみると、身長175cm、体重62kgの身体で両足とも地面に届き、兄GSたちとは比較にならないくらい肘と膝の曲がり具合に余裕があります。走り出しの第一印象は、一言で表現するなら「素朴」です。

BMW Motorrad「G310GS」パール・ホワイト・メタリック

 単気筒エンジンと聞いてまず思い浮かべてしまうのが、ヤマハ「SR400」の「ドコドコ」というエンジンフィールですが、「G310GS」のエンジンは、アクセルを開けると「ビューン!」と元気に吹け上がります。高回転で引っ張るよりも、早めのギアチェンジでグングン加速していく乗り方が忙しくも感じますが、そこは排気量313ccなりにライディングを楽しむことができます。

 車体の最大の特徴部分としては、エンジンの配置が挙げられます。一般的にエンジンの上半分、シリンダー部分は進行方向へ前傾しているところ、180度回転して後ろに傾いています(排気パイプも後ろから伸び、吸気は前方から行ないます)。これによって重心が低くなるため、操作性の向上に貢献しています。重たいものが上にあるより、ライダーに近く低い位置にあるほうが動きやすい、単純なことですが、型破りな構造を採用しています。歴史を振り返ってみても、BMW Motorradはいつだって型破り、前衛的なメーカーなのです。

 林道では小柄で軽量な車体が荒れた路面にいいように振り回されますが、不安感はなく、どちらかというと小気味よく踊っている印象です。フロントには倒立式フォークに19インチサイズのホイールという組み合わせ、そして前後180mmのサスペンションストロークは、おおらかにギャップをいなしてくれます。

 登りでは適度にアクセルを開けながら、下りではギア1速でエンジンブレーキを効かせながらのんびり走る。車体重量200kg超で電子制御満載の兄GSたちとは違い、とても素朴な味わいの「ベビーGS」には、思わず笑みがこぼれてしまう楽しさがあります。デザイン面でGSらしさを演出しているだけではなく、ちょっとアドベンチャー気分を味わうには十分な素質を備えているのです。

 試乗を終えて「GS」の世界観を垣間見ることができて、BMWのエンブレムが誇らしく思えたのは意外な発見でした。ちなみに燃料はレギュラーガソリンでお財布にもフレンドリーです。

 BMW Motorrad「G310GS」の価格(税込)は68万2600円です。

【了】

BMW Motorrad「G310GS」の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事