ホンダ「NSR250R SPロスマンズカラー」、世界初採用のマグネシウム製ホイールなどを標準装備

昭和63年日本は、レーサーレプリカブーム真っ盛り! 加熱するレプリカブームにホンダは、世界グランプリで活躍するロスマンズ・ホンダチームのカラーリングを纏った「NSR250R SP」を市場に導入します。

NSR最初のSPは、ロスマンズカラーから始まった

 ホンダの「NSR250R SP」は、2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダNSR250R」に、量産市販の二輪車としては世界初のマグネシウム製ホイールを前・後輪に標準装備したモデルです。

ホンダNSR250R SP(1988)

「NSR250R SP」に採用されたマグネシウム製ホイールは、素材のもつ軽量さを活かすため、新たに高耐蝕性マグネシウム合金や、高密度を得るダイキャスト製法が開発されました。

 金色に塗装されたホイールは、塗膜性に優れた表面処理を施すことなどによって実用化したハイクォリティなもので、前・後輪で約1.5kgの軽量化を達成しています。

 この結果バネ下重量の軽減による路面追随性の向上に加え、慣性マスの集中化が図られ、ベース車の持つ運動性能とエンジン特性により、軽快な操縦性を実現しています。

 搭載された2サイクルエンジンには、「NSR250R」に採用された世界初のコンピューター制御によるPGMキャブレターを装備。吸気・点火・排気に至るまでをコンピューター制御で行うシステムを採用しました。

 昭和に生まれた1988年式「NSR」は、通称88(ハチハチ)とも呼ばれ令和になった今でも人気のあるモデルです。

ワイン・ガードナー選手 / NSR500 (1987年) 15戦7勝

 車体色は、世界グランプリGP500のホンダワークス「ロスマンズ・ホンダチーム」のカラーリング・デザインをイメージしたセイシェルナイトブルー/ホワイトのツートーン・カラーを採用していました。

「NSR250R SP」が発売された1988年の世界グランプリGP500クラスは、ロスマンズ・ホンダチームのワイン・ガードナー選手がシーズン後半に3連勝し、ランキング2位を獲得しています。

「NSR250R SP」の国内年間販売計画台数は3000台(1988年)。価格は当時66万円でした。

・NSR250R SP主要諸元
全長×全幅×全高:1985mm×640mm×1105mm
エンジン型式:MC16E(水冷・2サイクル・ケースリードバルブ・90度V型2気筒)
総排気量:249cc
最高出力:45ps/9,500rpm
最大トルク:3.8 kg-m /8000 rpm
燃料タンク容量:16リットル
車両重量:144kg

【了】

「NSR250R SP」の写真を見る

画像ギャラリー

最新記事