• バイクのニュース
  • コラム
  • 令和元年に蘇った“研ぎ澄まされた刀” スズキ二輪 濱本社長が新型「KATANA」ブランドに込めた想いとは

令和元年に蘇った“研ぎ澄まされた刀” スズキ二輪 濱本社長が新型「KATANA」ブランドに込めた想いとは

発売前から注目を集めているスズキ新型「KATANA(カタナ)」が、ついに日本国内で販売されます。令和元年に蘇った「KATANA」ブランドにはどのような想いが込められているのでしょうか。

バイクファンの心に残る「GSX1100S KATANA」

 スズキは、2019年春より欧州を中心に販売し好評を得ている新型「KATANA(カタナ)」を、2019年5月30日から日本国内で販売します。

KATANAブランド初のボディカラー「グラススパークルブラック」(写真はオプション装着車)

 新型「KATANA」は、日本刀をイメージした前衛的なデザインで 1980年のケルンショー(ドイツ)に出品し、翌年ほぼそのままのスタイルで発売してバイクファンの注目を集めた「GSX1100S KATANA」を原点としたモデルです。

新型KATANAの原点「GSX1100S KATANA」(写真は1981年モデル)

「Forging a New Street Legend(新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する)」という開発コンセプトを掲げた最新技術搭載の新型モデルでは、刀鍛冶が鋼を叩いて鍛え上げ、丹念に強靭な刀を作り上げることと、「KATANA」を鍛錬して作り上げたことを比喩的に表現しています。

 デザイン面においては、燃料タンクから車体先端まで、研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらったデザインを採用。角形のLEDヘッドランプや、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプにより、「GSX1100S KATANA」のイメージを踏襲した顔つきに仕上げられました。

 今回の発表に際し、スズキ二輪の濱本英信社長は、新型「KATANA」へ対する想いを以下のように語ります。

「日本における“KATANA”の歴史は、1982年に発売いたしましたGSX750Sが最初のモデルとなります。日本の基準に合わせアップハンドルを採用し発売いたしました。数々の話題を呼び、大変好評いただくことができ、750・KATANAは1型から4型まで販売させていただきました。

KATANAの歴史について語るスズキ二輪の濱本英信社長

 さらに日本市場には1991年より250cc、1992年より400ccのKATANAを発売いたしました。忠実に大型モデルのデザインを再現し、一部1100ccモデルと同じ部品を採用するなどこだわったスタイルは、当時、限定解除免許を持っていないお客様に絶大なる支持を頂きました。

 1994年には待望の1100ccモデルを国内に導入致しました。パワーアシストクラッチやオイルクーラーなど標準装備をした日本専用モデルであり6年間販売させて頂きました」。

スズキ「KATANA」シリーズの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事