ブガッティから新型自転車が登場!? ハンドメイドで作られた「ブガッティ・バイシクル」の正体とは

2019年5月18日、オーストラリア・シドニーでカスタムバイクを中心としたイベント「Throttle Roll/スロットル・ロール」が開催されました。様々なジャンルのカスタムバイクが展示された同イベントですが、その中でひときわ異彩を放っていたのがハンドメイドで作られた「BUGATTI BICYCLE/ブガッティ・バイシクル」です。

ブガッティ・ファンが作り上げた世界に一台の「ブガッティ・バイシクル」

 2019年5月18日にオーストラリア・シドニーで開催されたカスタムバイク・イベント「Throttle Roll/スロットル・ロール」で、ひときわ異彩を放ち、注目を集めていた車両がありました。でもこれ、電動バイクでも、今流行のe-bike(イーバイク/電動アシスト付スポーツ自転車)でもない、単なる自転車なのです。

ブガッティ「ヴィジョン・グランツーリスモ」のフロントフェイスを強く意識したデザイン。ヘッドライトはハンドルに、グリルはフレームにマウントされています。マウント、というより一体化していると言う表現が近いですね。

 でも注目を浴びる理由は一目瞭然。オーナーが一人で作り上げた「BUGATTI BICYCLE/ブガッティ・バイシクル」だったからなのです。ご存じの通り、ブガッティは20世紀初頭、イタリアに誕生したスポーツカー・ブランドで、20世紀後半にブランドが復活し、現在はフォルクスワーゲングループのブランドとして、高級スポーツカーを開発および発表し続けています。

最初見たとき、この車両が何なのか理解できないほどでした。しかし見れば見るほど、話しを聞けば聞くほど、そのすごさが理解できました。

 この自転車を製作したIMRE SZABO(イムレ・サボー)さんは、ブガッティ社が2015年に発表したスポーツカー「Bugatti Vision Gran Turismo/ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモ」の大ファン。あまりにも好きすぎて、ある朝、ロードバイク(自転車)をベースに、そのBUGATTIを造る夢を見て一念発起し、本当に造り始めたのだそうです。

ブガッティ「ヴィジョン・グランツーリスモ」

 ユニークなのは、これらボディパーツはすべてアルミを中心とした金属素材で成型されていること。実はカーボン素材を使いモノコック構造にしたかったそうですが、休日や仕事後の趣味として製作するバックヤードビルダーであるIMREさんにとって、技術力や設備がなく、なにより予算を抑えながらの製作では、それがベストの選択だったようです。

 しかし、その仕上がりは見事という表現しかありません。三日月型のフレームで前後車輪を支え、さらにはサポート無しのシートフレームまで実現しているのですから。その仕上がりの美しさから、BUGATTI社が特別に製作した、プロモーション用自転車かと、誰もが思っていたほどです。

 一人の情熱によって、メーカーの想像を超えるモノを作り出してしまう。カスタムの世界は、つくづく凄いと感じたのでした。

【了】

ブガッティ・バイシクルの画像を見る

画像ギャラリー

Writer: 河野正士

国内外問わず、幅広いフィールドでオートバイ関係の取材、 執筆活動を行う。オートバイ・メーカーのwebサイトなども担当しているため、繋がりも強く、事前情報などにも精通。
海外試乗会などにも積極的に参加している。

最新記事