スズキ新型「KATANA」販売好調 発売1ヶ月で年間販売台数の2倍を越える受注達成!!

スズキ新型「KATANA」は、5月24日から販売が開始されると、現在年間販売台数を越える2000台以上受注しています。

シルバーメタリックのKATANAが販売の6割を占める!!

 スズキの新型「KATANA」は、発売から約1ヶ月経過しました。19年ぶりに発表されたKATANAは、発売前から話題のモデルです。

スズキ「KATANA」グラスパークルブラック

 個性的なデザインに包まれた外観は、1980年にケルンモーターショーで発表されたデザインを現代風にアレンジし、さらに最新技術を取り入れたことで乗り心地や扱いやすさ、環境性能まで兼ね備えたマシンに生まれ変わりました。

 エンジンは、GSX-R1000(2005~2008モデル)をベースにストリート用チューニングを施すことで、スムーズなスロットルレスポンスと鋭い加速を誇り、全回転域でパワーを発揮します。

 6月16日にデイトナ?テストコースで行われた大試乗会「スズキファンライドフェスタ」では、前年の1.6倍(来場者数:1001名/前年比:165%)に及ぶ来場者がありました。

 その中でもKATANAの注目度は高く、試乗申し込み数も前年比159%で試乗回数の制限を行なったほどです。

スズキ「KATANA」ミスティックシルバーメタリック

 新型「KATANA」の販売実績について、スズキ二輪 広報部宣伝部の木下博之さん(以下:木下さん)にお聞きしました。

 ――現在販売好調のKATANAですが、年間販売台数の1000台を越えた受注があると聞いております。発表から1ヶ月で何台くらいの受注を獲得していますか?

 木下さん:二輪販売店さんからは2000台を超える予約注文を頂いております。

 ――KATANAは2色のカラーリングを展開しています。受注割合は?

 木下さん:銀60%黒40%?の割合です。

 ――今後生産台数の拡大等はお考えでしょうか?

 木下さん:可能な限り対応していきたいと思います。

※※※

 新型「KATANA」は、浜松工場で生産し2019年春より欧州を中心に販売を開始しています。日本での1ヶ月の販売台数が年間販売台数の2倍以上になる程注目を浴びているモデルです。

 スズキ「KATANA」の希望小売価格(税込)は、151万2000円です。

【了】

スズキ「KATANA」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事