昭和の名車スズキ「GT380」愛称は「サンパチ」 仮面ライダーでも使用したGTシリーズ1番の人気者!! 

スズキ「GT380」は、1972年GTシリーズの一役を担い国内外で販売された空冷2サイクル3気筒モデルです。当時のライバル車種は、カワサキSSシリーズなどが挙げられます。

航空機の技術に自動車技術、最新技術を取り入れたGT380とは?

 1972年に登場したスズキの「GT380」は、エンジンの冷却方式を飛行機からヒントを得たラムエア方式を採用。搭載されたエンジンは、371cc空冷2サイクル並列3気筒に6速トランスミッションを組み合わせ、最高出力38PS/7500rpmを発生させていました。

スズキの「GT380」(1972)

 独特な3気筒でありながら中央のシリンダーからは、左右へ2本マフラーを出す事で、シリンダーの冷却や排気効率、さらに静粛性を高めています。GT380の特徴でもあるラムエアシステムは、シリンダーヘッド上部にカバーされた空気の流入口にフィンを配置し、空冷エンジンの弱点である冷却を効果的に行うシステムです。

 CCIと名付けられた分離潤滑を採用したことで、排気口から出る2サイクルモデル特有の白煙も少なく、負圧式コックも採用したことでキャブレターからのオーバーフローも起こりにくくなっていました。

 大柄な車体と相まって、ロングツアラーとしても余裕あるライディングが楽しめるマシンとして長く愛されていました。そのキャラクター性から当時は、「GTサンパチ」の相性で親しまれており、また、仮面ライダー本郷猛の愛機としても「GT380」は登場しています。

 1973年のオイルショックによりスズキの2サイクルモデルは、環境や性能面において存続が厳しくなり他のメーカーもエンジンを4サイクルへ徐々に移行します。2サイクルモデルのGTシリーズを改良しつつ生産していたスズキでしたが、1979年GT380の生産終了をもって大型中型2サイクルモデルの生産を縮小させます。

左右2本ずつ合計4本のマフラーを装備する「GT380」

「GT380(1972年型)」販売当時価格は、24万5000円です。

 ■諸元
 全長:2090mm
 車両重量:183kg(装備)
 エンジン:空冷2サイクル並列3気筒
 排気量:371cc
 変速形式:リターン式6段
 最高出力:38PS/7500rpm
 最大トルク:3.8kg-m/6500rpm
 フレーム形式:ダブルクレードルパイプフレーム
 v燃料タンク容量:15リットル

【了】

スズキの「GT380」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事