ヤマハのフラッグシップモデル「YZF-R1」「YZF-R1M」がさらに熟成 日本への導入は2020年秋以降を予定

安定したトルク特性と高い走行性能を持つヤマハのフラッグシップ「YZF-R1」「YZF-R1M」の2020年モデルが2019年9月より欧州で発売されます。マイナーチェンジされた新型モデルは、“サーキットを制する性能を照準”に開発が進められたようです。

日本での発売は2020年秋以降を予定

 ヤマハは、安定したトルク特性を生み出すクロスプレーン型クランクシャフトを備えた水冷4ストローク直列4気筒998ccエンジン搭載のスーパースポーツ「YZF-R1」および上級モデルの「YZF-R1M」をマイナーチェンジし、2019年9月より欧州で発売します。

ヤマハ新型「YZF-R1」ディープパープリッシュブルーメタリックC(右)とヤマハ新型「YZF-R1M」ブルーイッシュホワイトメタリック2(ともに欧州仕様)

 新型「YZF-R1」「YZF-R1M」は、“Full control evolution of track master”をコンセプトに、パワーを高次元で制御し、サーキットを制する性能を照準に開発されたモデルです。

 同モデルにおいては、ヨーロッパの排ガス規制である“EU5”に適合しながら進化・熟成させたエンジンや電子式アクセル開度センサーグリップ(APSG)を織り込んだ電子制御スロットル(YCC-T) 、伝わりやすい“接地感”を主眼にセッティングした前後サスペンション、エンジンブレーキマネジメント(EBM)とブレーキコントロール(BC)の2つの新機能を加えた電子制御システムを採用することで、従来モデルからさらに高性能化。

 上級モデルの「YZF-R1M」では、電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウル、“レース”に役立つ各種情報を記録するインターフェイスが搭載されています。

ヤマハ新型「YZF-R1M」ブルーイッシュホワイトメタリック2(欧州仕様)

 また、エアロダイナミクス特性を高めた新デザインカウル、次世代“R”デザインを主張するLEDデュアルヘッドライトなどを備えることで、そいの外観もより洗練されたものとさされています。
 
 ヤマハの広報担当によると「YZF-R1」「YZF-R1M」の日本での販売は、2020年秋以降を予定しているとのことです。

【了】

より精鋭な印象となったヤマハ新型「YZF-R1」「YZF-R1M」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事