レーサーレプリカブームの火付け役スズキ「GSX-R」 鈴鹿4時間耐久レースでも活躍!!

耐久レーサーのイメージを濃く打ち出したスズキの「GSX-R」は、1984年(昭和59年)に誕生しました。レーサーレプリカブームの火付け役として鈴鹿4時間耐久レースなどでも活躍したマシンです。

ライバルたちよりも先んじて登場したレーサーレプリカ「GSX-R」

 1984年に登場したスズキのレーサーレプリカ「GSX-R」は、400クラスで世界初採用の軽量・高剛性アルミ製MR-ALBOXフレームに排気量398cc水冷4サイクル4気筒エンジンを搭載、自主規制の基準となった最高出力59PS/11000rpmhを発生させていました。

スズキ「GSX-R」(1984)

 前後足回りは、フロント16インチホイール、リア18インチホイールを採用し、前8後2の10ピストンで構成されるDecaピストンブレーキシステムを採用しています。さらに、スズキが世界に先駆けて実用化したANDF(アンチ・ノーズダイブシステム)は、ブレーキ時にブレーキオイルの流れでフロントフォークの作動オイル圧を高め減衰力を大きくすることでノーズダイブを防ぎ安定感あるコーナーリングや快適なライディングを実現しました。

 乾燥重量は、152kgと同クラスのバイクの中でも最軽量モデルとしてレース関係者にも注目されていました。また、デュアルヘッドライトを装備したフロントカウルの内側には、メーター中央部に3000回転から動き始めるタコメーターが配置され、当時の若者に印象付ける装備でした。さらに、4into1エキゾーストには、今では珍しい車体名でもあるGSX-Rと書かれています。

3000回転から動き始めるタコメーター

 1984年当時GSX-Rは、TTF3のベースマシンとしても支持を得て、若者の登竜門鈴鹿4時間耐久レースなどにも多くユーザーが参加していました。また、バイク漫画「バリバリ伝説」の劇中にもGSX-Rは、主人公の巨摩郡と聖秀吉コンビの4時間耐久レースマシンとして登場しています。

「GSX-R」発売時の価格は、62万9000円です。

■諸元
エンジン形式:水冷4サイクル4気筒DOHC4バルブ
全長×全幅×全高:2090mm×710mm×1185mm
乾燥重量:152kg
総排気量:398cc
最高出力:59PS/11000rpmh
燃料タンク容量:18リットル

【了】

スズキ「GSX-R」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事