初期型NSR500は暴れん坊マシン!! F・スペンサー用に開発されたマシンはシーズンを全戦走れなかった!!

ジャジャ馬マシンの初代NSR500は、WGPを戦うフレディー・スペンサー専用モデルとして登場しました。特徴的なタンク位置や排気管は、整備性が悪く乗り手もメカニックも苦労したマシンでした。

2台のマシンを乗りこなしたフレディー・スペンサー!!

 1983年世界選手権500ccクラスの世界チャンピオンを獲得したフレディー・スペンサー用に開発された2サイクルV型4気筒の初期型NSR500(タイプ1)は、燃料タンクをエンジン下に配置し、本来タンクのある位置には排気管を配置しています。

1984年2サイクルV型4気筒初期型NSR500(タイプ1)

 搭載されたエンジンは、総排気量499cc水冷2サイクルV型4気筒ケースリードバルブ、最高出力140PS以上を発生させていました。このエンジンの問題は、排気管がエンジン上部にあるために整備性が著しく悪く、キャブレターのセティングなどチャンバーを常に取り外さないと行えないなどトラブルの多いマシンでした。

本来タンクのある位置には排気管が配置されていました

 1984年の初期型NSR500でシーズン5勝したスペンサーですが、V4 NSR500とV3 NS500でグランプリを戦い年間ランキングは4位にとどまってしまいます。排気管の位置を従来通りのレイアウトに変更した1985年のNSR500タイプ2でスペンサーは、見事WGPの世界チャンピオンに返り咲き、500ccのみならず250ccのタイトルも同時に獲得します。

1985年2度目の年間チャンピオンを獲得したフレディー・スペンサー(NSR 500)

 NSR登場までホンダの主力WGPレースマシンNS500は、1986年を最後に姿を消すこととなります。NS500最後のWGP勝利は、1985年の第7戦オランダGPでランディー・マモラが勝利しています。

【了】

2サイクルV型4気筒の初期型NSR500の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事