• バイクのニュース
  • 試乗記
  • カブ・シリーズの自由人「クロスカブ50」 スーパーカブとはまた違う魅力に溢れた無骨でタフな相棒

カブ・シリーズの自由人「クロスカブ50」 スーパーカブとはまた違う魅力に溢れた無骨でタフな相棒

スーパーカブ50/110と基本的な構造を共有するも、よりタフで無骨な印象とされた「クロスカブ」シリーズは、走行性能の高さや独自のデザインで多くのユーザーに受け入れられているモデルです。今回はその50ccモデルに試乗し、実力をチェックしてみました。

スーパーカブ以上に「自由」を感じさせる「クロスカブ50」

 今回、試乗させていただいたのはホンダ「スーパーカブ」の兄弟車的存在で、遊び心をくすぐられそうな「クロスカブ50」です。

ホンダ「クロスカブ50」に乗る筆者(金子陽一)

 外観においては、ヘッドライト周りに付けられたガードが特徴的で、この装備によりアウトドアのシーンにもピッタリな雰囲気が演出されています。また、よくよく見るとヘッドライトがハンドルに取り付けられているため、操作に対して連動するスーパーカブに対し、クロスカブ50ではハンドルとは連動しない固定式のヘッドライトを採用。
 
 その無骨でタフなキャラクターを体現しているかのように「常に真っすぐ先を見ている!」という表情に見えてきます。さらに、フロントフェンダーの造形もブリキっぽく、ゴム製の大きなマットガード、フロントフォークのジャバラなど、要所の作りもなかなか凝った良い雰囲気です。

レッグシールドの無いクロスカブ(右)。スーパーカブ50(左)にくらべ、より細身な印象となっています

 跨ってみると、スーパーカブの象徴のひとつといえる足元のレッグシールドが無いのですが、これにより解放感がアップしていて、よりアクティブに走りそうな気配。メーターパネルにもカモフラ柄をあしらうなど、スタンダードなカブとはまた違う「自由」を感じられるのもクロスカブ50の面白い点です。

スーパーカブと同じ走りと思いきや……

 クロスカブ50は、基本的には「スーパーカブ50」と同じフレーム、エンジンを使用しているため、走り自体も同じかと思いきや、実際には異なるフィーリングとなっていました。

スーパーカブ50とクロスカブ50は、基本的にはエンジン・フレームは共通ですが、ホイールサイズの違いにより異なる走行感覚を味わえます

 これは他のカブシリーズとのホイールサイズの違いが大きいようで、クロスカブ50では「スーパーカブ50」や「クロスカブ110」が前後17インチであるのに対して、より小径な14インチのホイールサイズを前後に採用しています。これにより、スタートダッシュもキビキビ走る感があって、旋回時も小回りが利きやすいというアクティブな印象を受けました。

また、装着タイヤの幅もフロント70mmのリア80mmと、前後60mm幅を履くスーパーカブ50に対して幅の広いタイヤがチョイスされているため、高い安定感を感じさせます。

最近、クロスカブ50以外のスーパーカブ・シリーズにも試乗して、その面白さに感動したのですが、より自由度の高いこのクロスカブをベースにカスタムして行くのも、いろんなイメージが膨らみます。本当にカブの世界は幅が広く、また奥が深いですネ。

 走りの楽しさはもちろんですが、様々なライフスタイルの中で、バイクのある生活というイメージをどんどん広げ、その先をワクワクさせてくれる。あらためてバイクの持つ魅力を伝えてくれる1台でした。

【了】

スーパーカブ50との違いは? ホンダ「クロスカブ50」の画像を見る

画像ギャラリー

Writer: 金子陽一

トップドライバーを目指し自動車レースに参戦。幾度かの資金難から挫折しかけたところをチューニングカー雑誌の編集部に拾われ、タイムアタック/レポートドライバーを担当。現在、それらの経験を活かし自動車ブランドが開催するドライビングレッスンのインストラクター、そして販売店スタッフ向けの研修トレーナーとしても活躍中。学生時代に乗っていたバイクからはしばらく離れていたが、近年、最新バイクの進化、またバイクを取り巻く最新アイテムの進化に感動しバイク熱が復活。大型自動二輪免許も取得。クルマで経験してきたセンサーを活かして「バイク」「ブランド」「アイテム」「こだわり」など、最新のバイク界をピュアな目線でレポートする。

最新記事