トライアル国別対抗戦「トライアル・デ・ナシオン」において日本代表チームが2位表彰台を獲得 優勝はスペイン代表チーム

トライアルの国別対抗戦「トライアル・デ・ナシオン」は、トニー・ボウ選手率いるスペイン代表トームが圧勝!日本代表チームは2年ぶり2位表彰台獲得しました。

トニー・ボウ選手率いるスペーンチームが圧倒的勝利

 36回目となるトライアルの国別対抗戦「トライアル・デ・ナシオン」が、リゾート地でも有名なイビサ島で19カ国の一流ライダーが代表チームを組み行われました。トライアル・デ・ナシオンは、World、International、Womenの3つのクラスが設定されており、日本は最高峰クラスのWorldに参加しています。

2位表彰台を獲得したRepsol Honda Team 藤波貴久選手

 Repsol Honda Teamのトニー・ボウ選手は、TRRSのアダム・ラガ選手とガスガスのジェロニ・ファハルド選手とともにスペイン代表として参加しました。1ラップ目に2点、2ラップ目に2点と合計4点の減点に抑え、16年連続26回目の優勝を飾っています。

 日本代表は、Repsol Honda Team藤波貴久選手、YAMAHA FACTORY RACING TEAM黒山健一選手、TEAM MITANI Honda小川友幸選手がチームを組み大会に挑みました。予選は、1チーム2名が参加、藤波選手が上位を目指して臨みましたが、最後の障害物でミスをして5点を記録。小川選手が先に出していたタイムが採用され、日本代表は最下位の6番手で予選を終えます。

セクションに挑むYAMAHA FACTORY RACING TEAM黒山健一選手

 決勝は、乾燥したコンディションの中で行われました。日本代表は、最初の出走となり黒山選手がチームメイトにセクションの状況、オブザーバーの判定基準などの情報を共有し、各セクションに挑みました。1ラップ目終了時点で減点12、日本代表は2番手につけます。2ラップ目でもスタートダッシュを決めて8セクション連続クリーン、日本は14セクションで減点1とするも、最終セクションで黒山選手と小川選手がともに減点5、最終走者の藤波選手がクリーンで切り抜けトータル減点19とし、フランスの終了を待たずして2位以上を確定し、2年ぶりの表彰台獲得となりました。

各ライダーコメント

 ・Repsol Honda Team トニー・ボウ選手(スペイン代表/優勝)

Repsol Honda Team トニー・ボウ選手

「セクションをしっかりと走れば今日のトライアルは簡単だったので、差がつきづらい展開になると思っていました。技術的に優れていて、最終的には頭を使ったトライアルになりました。2ラップとも、セクション9で2点を記録してしまいましたが、5点を出さないようにするのは簡単でした。残りのセクションではクリーンを記録できたので、3人ですばらしい記録を残すことができました。チームメートと走れたことを誇りに思っています。トライアルの主催者にもお礼を言いたいです」

 ・Repsol Honda Team 藤波貴久選手(日本代表/2位)

Repsol Honda Team 藤波貴久選手

「とてもうれしいです。スペイン代表は打ち負かせない存在だと思うので、僕らにとって2位は勝利に匹敵する結果だと思います。僕らは一生懸命にトライアルに取り組み、最終的に2位となりました。とても幸せな気分です。世界選手権で3位になり、今日は2位。すばらしい一年になったと思います。これまで以上に幸せな気分です」

 ・YAMAHA FACTORY RACING TEAM 黒山健一選手(日本代表/2位)

YAMAHA FACTORY RACING TEAM 黒山健一選手

「今回は藤波選手、小川選手、そして僕で戦いたいとお願いして実現したデ・ナシオンだったし、6月のTrialEでも勝てず世界選手権では悔しい思いをずっとしてきましたが、現状ではベストの2位になることができてホッとしたし、やっぱりうれしいです。また今大会でヤマハのマシンを使うのは僕一人。ファンの皆さんには“MotoGPやMXGPでヤマハは走っているのになぜTrialGPは走らないのか?”と聞かれ、注目され期待されていることを感じました。そして日本チームにたくさんの応援をいただきましたが、そのすべてが大きな力になりました。本当にありがとうございます」

 ・TEAM MITANI Honda 小川友幸選手(日本代表/2位)

TEAM MITANI Honda 小川友幸選手

「今大会は、ものすごく自分の調子もよくて、日本代表チーム3人のチームワークもものすごくよかったので、最終的に2位を取れたことは、ものすごくハッピーなことです」

 <トライアル・デ・ナシオン最終順位>
 1. スペイン   4P
 2. 日本    19P
 3. フランス  24P
 4. イギリス  27P
 5. イタリア  45P
 ※(P)は総減点

【了】

トライアル・デ・ナシオンの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事