どうやって積めばいい? 「トランポ」を使いこなすために最低限必要な三種の神器と心構えとは

「トランポ」を活用すれば、バイクや荷物、同乗者と一緒にクルマ1台で一気に移動が可能ですが、まずバイクの安全な積み下ろし、確実な固定などには何が必要なのでしょうか?

トランポがあれば、バイクを積んで遊びに行ける

 レーサー(競技車両、公道走行不可)などをトランポに積載して専用のフィールドに持ち込み、レースやファンライドなどを楽しむためにはトランポが必須です。

ホンダの軽自動車「N-VAN」に「CRF125F」を積み、固定した状態

 移動や準備を快適にこなし、そして現地に到着してからはライディングに集中できる。そんな遊びの環境をトランポは実現してくれます。

 トランポにバイクを積載するためには、最低限必要なものがあります。それは「ラダーレール」、「フック」、「タイダウンベルト」の3点です。

 ラダーレールは地面と車内の床をつなぐ架け橋、フックはバイクの最適な立ち位置を決定づけるトランポ車内に固定されたアンカー、そしてタイダウンベルトは、走行中のトランポ内でバイクが動かないようフックとバイクをつなぐ強力な締結帯です。

「N-VAN」の場合はバイク(小排気量)の積載も考慮した内装になっている

 まずはトランポへの積み込みですが、ミニバイクを除き、バイクを持ち上げて積むわけにはいきません。仮に大人が数人がかりで載せたとしても、降ろす際には同様のマンパワーが必要になりますし、トランポやバイクに傷がつく恐れもあり、また怪我の元です。

 ラダーレールは地面から車内へ、また車内から地面へと、タイヤを転がして積み降ろしをするため、絶対に必要なアイテムです。

 昔はなんらかの木材や鉄板を使うライダーも大勢いましたが、近年は安価なアルミ製や樹脂製の専用品もあり便利です。

バイクの積み降ろしに必要不可欠なラダーレールは、積み込むバイクの大きさによって強度や形状を選ぶ

 ラダーレールでの積載に不安がある人は、幅広の「アルミスロープ」という専用品を装備する方法もあります。格納状態からは持ち手を掴んで引っ張るだけで展開が可能となっており、高さ調整ができる支えの脚は重量級の大型バイクにも耐えられる設計です。

トランポに取り付けるタイプの「アルミスロープ」(参考:オグショー)は4段階の伸縮式となっており、格納時はほぼ4分の1の長さとなってリアゲートの内側へ立てて固定できる

 トランポにバイクを載せたら、次にタイダウンベルトをバイクとフックに掛けて締め付け固定しますが、このフックの強度と設置場所は非常に重要です。

 純正で装着されている簡易的な床フックは、バイク積載用途には向いていないものが多く、強度だけでなくベルトを通して引きづらい場所にあるなど厄介です。プロショップに専用品を適切な位置へ設置してもらうことが理想です。

オフロードバイクの場合、ハンドルの高さから左右で引っ張って固定する方法が最も効果的。フロントフォークを必要以上に沈み込ませず、フォークシールのダメージも最小限に抑えることができる

 バイクはなるべく傾けず、サイドスタンドは使わず垂直に立った状態での固定が理想です(競技車両にはサイドスタンドを装備していないことが多い)。ロードバイクの場合は床方向へ強く引っ張ることで固定することが多く、サイドスタンドを出した状態で締め付けると強い付加がかかり、曲がりや取り付け部分を傷める可能性があります。

 バイクの立ち位置が決まったら、今度は複数本掛けたタイダウンベルトを交互に数回に分けて引っ張り、締め付けていきます。タイダウンベルトには引っ張ったら逆戻りしない(緩まない)金具がついており、その形式には簡易タイプとラチェットタイプがあります。

 またバイク側には、ソフトフックやサブベルト(輪になったベルト)を併用することで、バイクを傷つけずに固定することができます。

ロードバイクの積載は前輪を専用のストッパー(フロントホイールクランプ)で固定し、床下からのタイダウンベルトで引っ張るのが一般的な積載方法

 目的地へ到着したら積み込みとは逆の手順でバイクを降ろします。細かい手順は割愛していますが、なによりラダーレール、フック、タイダウンベルトの3点は、トランポにバイクを載せて移動する際に必要なアイテムなのです。

※ ※ ※

“トランポ積み”は、意外と熟練の技が必要です。慣れるまでは誰かにサポートしてもらうことをおススメします。一度載せてしまえばひと段落ですが、載せる・降ろす際はバイクが最も不安定な状態になります。

 とくに重たいバイク、カウルなどの外装や高価なパーツを装備しているバイクは、途中で倒してしまったり、ラダーレールが外れて落下してしまった、などの最悪の状況に陥ると、バイクではなく自身の心に大きなダメージを与え、それがトラウマとなって体がこわばり、同じ失敗を繰り返すという悪循環にもなりかねません。

 バイク(2輪)とトランポ(4輪)の6輪生活、楽しい“トランポライフ”を送ろうと思ったら、ひとつひとつの動作を今まで以上に、慎重になろうという心構えが大事ではないでしょうか。

■トランスポーターのプロショップ『OGUshow(オグショー)』
2019年で創業30周年を迎えるトランポの代名詞的存在。代表の小栗氏自らモトクロスやラリー、ツーリングで日々トランポ+バイクライフを楽しんでいる。様々な遊びに長けたお客さんが多く、交流も活発に行なっている。
静岡県浜松市東区下石田町 1841-1
TEL:053-421-0122

【了】

「トランポ積み」の心構えとは? 画像で見る

画像ギャラリー

最新記事