ケーヒン「FCRキャブ」が大幅進化!? 見た目も美しい「E-FCRコンセプト」開発の経緯とは?【TMS2019】

二輪車・汎用製品向けキャブレターのグローバル累計生産数6億台以上の実績を持つ「ケーヒン」は、東京モーターショー2019で電子スロットルボディのコンセプトモデル「E-FCR」を初公開しました。

キャブ時代のイメージを残しつつ現代的な印象に

 四輪車や二輪車の燃料供給システム、電子制御製品などの先進環境製品を開発・製造する「ケーヒン」は、同社のキャブレターの代表格「FCR」を連想させる電子スロットルボディのコンセプトモデル「E-FCR」を東京モーターショー2019で初公開しました。

ケーヒンによる電子スロットルボディのコンセプトモデル「E-FCR」

 ケーヒン製「CR」キャブレターの発展版といえる「FCR」は、その精密さとセッティング幅の広さで多くのユーザーから長期に渡り支持される定番のチューニングパーツで、装着すればそれまでとは別次元の加速力やパワーを体感することができます。

 そんなFCRのデザインや雰囲気を電子スロットルボディ(インジェクション用)に投影した「E-FCRコンセプト」は、いったいどのような経緯で生まれたのでしょうか。ケーヒンの開発本部 吸気機構開発部 技師の森田紳一郎さんに話しを伺ってみました。

ケーヒン製「FCR」(上)と電子スロットルボディのコンセプトモデル「E-FCR」(下)

―――「E-FCRコンセプト」はどのようなコンセプトで作られたのでしょうか。

基本的にはキャブレターのFCR と同じで、高性能化を狙ったものです。

―――今回のコンセプトモデルは2輪と4輪、どちらに焦点を当てたものになるのでしょうか。

まだコンセプトの段階なので量産する云々についてはっきりしたこと言えませんが、2輪用になります。

―――「E-FCRコンセプト」は以前から計画されていたものですか?

電子スロットルボディのコンセプトモデル「E-FCR」の開発コンセプト

 以前、ケーヒンではFCRのボディを利用したインジェクションシステム「FCR-i」にも挑戦したことがありますが、そうしたことを覚えていてくれた方が「またやってみたら」と後押ししてくれまして。
 
―――既存のインジェクションボディでは全開にした状態でもベンチュリー(筒の部分)にバタフライバルブ(板状の部品)とシャフトが残るため抵抗になると思いますが、「E-FCRコンセプト」ではそうした点も改善されているのでしょうか?

 やはりバタフライがあると、どうしても抵抗になります。そのため、お客さまの中にはバタフライの縁の部分をさらに削る方もいらっしゃいます。ベンチュリー内に残るものが少ないほうが空気がスムースに入りますので、ライダーの方は何も残らない方を好む傾向にあります。

―――ベンチュリーの形状を見るとオーバルになっていますが、これはどういう効果があるのでしょうか?

楕円形のベンチュリーとされたケーヒンのコンセプトモデル「E-FCR」

 これは流速を早めるためのものです。また、「E-FCRコンセプト」ではバタフライバルブがないため、形状を自由に設定することができます。楕円の加工は難しいですが、ダイカスト(※金型に溶かした金属を高圧で注入し凝固させる鋳造方法)で形にできれば楽だとは思います。

4気筒のみならず2気筒への対応も考慮した「E-FCRコンセプト」

―――現状ではサイズが大きいように感じられますが、今後は小型化などにも取り組んでいくのでしょうか?

 そうですね。ちなみに「E-FCRコンセプト」の口径を丸形に換算するとφ52相当のサイズになりますので、かなり大口径です。1000cc以上の大排気量車においては、キャブレターからインジェクションに変わっていった当時、インジェクションの特性をキャブレターに近づけようというニーズが多かったのですが、近年ではトラクションコントロールなどの電子制御が発達してきているため、よりパワーを求める傾向にあります。

 ですから、こうした性能重視の商品も現代なら受け入れられるのではと思い、コンセプトとして発表しました。

―――4気筒以外に単気筒や2気筒用も用意されているのでしょうか?

2個で1組となるケーヒンのコンセプトモデル「E-FCR」

 実は、2個で1組となっているため、2気筒には対応できます。現在、各社とも2気筒エンジンのモデルが非常に多いので、こういうレイアウトにしておけば、2気筒、4気筒の両方に対応できると考えています。

※ ※ ※

 ケーヒンの森田さんによると、「E-FCRコンセプト」の市販については未定とのことですが、未だ根強い人気を誇る「FCR」の名を冠した製品だけに、製品化に期待が掛かります。

【了】

ケーヒン「FCR」とコンセプトモデル「E-FCR」の違いを画像でチェック

画像ギャラリー

最新記事