ホンダ『X-ADV』の弟分!? 『ADV150』が日本初上陸! 開発者が語る魅力とは?

ホンダは、東京モーターショー2019でグローバルモデルのスクータ―『ADV150』を市販予定車として展示しました。このモデルはどのような経緯で生まれたのでしょうか。開発者に聞いてみました。

ユーザーからの要望を叶えたアドベンチャー・スクーター『ADV150』

 ホンダは、東京モーターショー2019で新型のスクーターモデル『ADV150』を市販予定車として展示しました。

インドネシアで先行販売されている150ccスクーター『ADV150』

 インドネシアで先行販売されている『ADV150』は、ホンダの大型アドベンチャーモデル『X-ADV』のスタイリングを彷彿とさせるスクーターで、悪路での優れた走破性を狙い、デザインされたモデルです。

 ADV150の開発を行ったHonda R&D Southeast Asia Co.,Ltd.(アセアンにおける二輪車関連製品の研究開発を行うグループ企業)のアシスタント・チーフ・エンジニア、藤井純さんに開発の経緯などについて聞いてみました。

ホンダ『ADV150』のエンジニア藤井純さん

―――『ADV150』は『X-ADV』のデザインを彷彿とさせますが、関連性はあるのでしょうか。

 新しい市場を狙って開発した『ADV150』は、車名が表しているとおり、『X-ADV』を参考に開発しています。

―――数あるホンダのバイクの中で『ADV150』はどのようなポジショニングに位置する車両なのでしょうか。

 ホンダには同じく150ccクラスのスクーターとして『PCX』がありますが、それよりもよりタフでアクティブで冒険心を駆り立てる、都市型スクーターとなっています。

―――インドネシアで先行販売されているということを踏まえると、ASEAN市場をメインに開発されたということでしょうか。

ホンダ『ADV150』のベースとなる『PCX150』

 おっしゃる通りです。ASEANにはまだまだ道の悪いところが多くあります。そういう中で悪路走破性も考慮した『ADV150』はそうした街中でもフィットするのではと考えています。ベースは『PCX150』 がですが、小型でより多くのお客さんに受け入れられるものとして考えた結果、この車両が誕生しました。

―――エンジン自体は『PCX150』と同じものになるのでしょうか。

『PCX150』をベースに使っていますが、セッティング等を変えています。ご覧のように『ADV150』は若干オフロードっぽいテイストになっていますが、そうした場合、低中速が凄く大事になっていきます。ASEANは砂利道なども多いので、ハイスピード狙いではなく、極低速、道の悪いところでもしっかりとトラクション(路面を掴む)していくようにセッティングしています。

―――ホンダの既存ラインナップの中で走りのイメージが近い車両はありますか?

 排気量は全然違いますし、言い過ぎかもしれませんが、アフリカツインに近いイメージかと思います。また、親機のX-ADVにしても低中速が非常にいいバイクですので、そこは参考にさせてもらいました。

今までの150ccスクーターには無かった価値を市場に提供

―――デザインする上で一番拘ったポイントについて教えて下さい。
 
 一言でいえば全部になります(笑)。外観においては見てのとおり、『X-ADV』を踏襲しながらデザインしましたが、こうしたコンポーネントを持ったスクーターは今までに無かったので、レイアウトが難しかったですね。

タンデムステップ前方の箇所をスリム化することで足付き性を向上した『ADV150』

『ADV150』は若干アップライトなライディングポジションと、サスペンションストロークがPCXよりも約130mmも伸びている上、シート高も790mm程度となり、通常であれば足付き性も悪くなっていきます。そのため、フットボードとタンデムステップの間をスリムにし、足付き性を配慮しています。
 
 あくまでもこれは全行程のうちの一例ですが、こういうスタイリングで作ったことが無かったので、デザインと機能を両立させるというところが苦労しました。

―――既にインドネシアでは販売されていますが、反響はどうですか?

 お陰様で大好評を頂いております。具体的な数字に関してはお答えできませんが、かなり手応えを感じています。150ccクラスのスクーターでこうしたオフロードテイストのものはゼロではないにしろ、本気でサスペンション・ストロークを伸ばしたりしたものはありませんので、今までに無かった価値を市場に提供出来ると思います。また、一緒に開発したタイ人のスタッフもかなり気に入っている様子でした。

ホンダ『ADV150』のイメージソースとなった『X-ADV』

―――今後もホンダの大型モデルのテイストを落とし込んだ『ADV150』のようなテイストの車両は増えていくのでしょうか。

『ADV150』はあくまでも一例ですので、市場のニーズにマッチするかどうかというところが大きいと思います。どんどんこうしたプロジェクトをやっていくというよりも、市場からそういうリクエストがあれば、という感じですかね。

※ ※ ※

 ホンダによると、『ADV150』はそう遠くない次期に日本へ導入されるとのことですが、ベース車となった「PCX150 ABS」が40万2600円(消費税込み)ということをふまえれば、『ADV150』は40万円台中盤から後半の価格になることが予想されます。

 アドベンチャーモデル『X-ADV』と同じく、『ADV』の名を車名に掲げる同モデルだけに、その走破性が気になるところです。

【了】

ホンダ『ADV』シリーズのニューフェイス! 『ADV150』の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事