BMW Motorrad並列2気筒エンジン新章突入!? 新型「F900R」「F900XR」登場【EICMA2019】

BMW Motorradの並列2気筒エンジンを搭載する「F」シリーズに、排気量を拡大した新型車が登場しました。ミラノショー(EICMA2019)で世界初公開です。

徐々に拡がるミドルレンジの枠

 BMW Motorradは、排気量895ccの並列2気筒エンジンを搭載する新型「F900R」と「F900XR」をミラノショー2019(EICMA2019)で世界初公開しました。

BMW Motorrad新型「F900XR」「F900R」

 BMW Motorradモデルラインナップのミドルレンジ(中間排気量クラス)「F」シリーズに加わった2台の新型車は、F850GS(2018年型)に搭載される排気量853cc水冷並列2気筒エンジンをベースに再設計され、排気量を895ccに増加し、最高出力77kW(105hp)/8750rpm、最大トルク92N・m/6500rpmを発揮します。

「F900R」は、ボクサーエンジン(水平対向2気筒エンジン)を搭載する「R1250R」、並列4気筒エンジンを搭載する「S1000R」、単気筒エンジンを搭載する「G310R」などのロードスターファミリーの一員として新たに加えられました。

BMW Motorrad新型「F900R」

 スポーティなネイキッドモデルは「アクティブ」や「ダイナミック」をテーマにモダンなライフスタイルを提供するキャラクターとして、攻撃的なデザインはエンジン出力、トルク、サウンドの面で刺激的なパフォーマンスを満たすものとしています。

 新型「F900XR」は、並列4気筒エンジンを搭載する「S1000XR」で確立したアドベンチャースポーツの第2弾モデルとなります。乗車姿勢は直立したかのようなアップライトなポジションで、ダイナミックかつ快適なライディングを想像させます。

 モデル名の「XR」は、スポーティさとツーリング能力の妥協のない組み合わせを表しており、F900XRの追加でファミリーの拡大を図っています。デザインと車両コンセプトはS1000XRを踏襲し、家族関係であることを明確に示しています。

BMW Motorrad新型「F900XR」

 シャシーやサスペンションも新開発となる2台の「F900」には先進技術が投入されています。灯火類はLEDが標準装備となっており、追加機能としてコーナリングライト、スマートキー、ダイナミックESA、ライディングモード、シフトアシストなどのほか、最新の電子制御システムも充実しています。

 日本への導入は未発表ですが、工場オプションとなる装備も日本仕様ではパッケージとしてラインナップされるのではないでしょうか。日本上陸に期待が高まります。

【了】

BMW Motorrad新型「F900R」「F900XR」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事