カワサキ「H2」エンジンを搭載したビモータ「テージ」登場! 究極のテージ誕生か!?【EICMA2019】

ビモータは2019年11月5日から開催されているミラノショー(EICMA2019)で新型モデル「TESI H2(テージ・エイチ・ツー)」をカワサキ・ブースで発表しました。

カワサキとビモータの強力タッグが久々に復活!

 ビモータは2019年11月5日からイタリア・ミラノで開催されているEICMA2019で新型モデル「TESI H2(テージ・エイチ・ツー)」をカワサキ・ブースで発表しました。

カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「TESI H2(テージエイチツー)」

 1990年に初代モデルが登場したビモータ「テージ」シリーズは、フロントスイングアームとハブセンター・ステアリング機構を公道用量産車として初採用したモデルで、ブレーキング時にフロント周りが沈み込まない独特の走行フィーリングを実現しています。

 これまでに「テージ1D」「テージ2D 」「テージ3D」とモデルチェンジを行う度に熟成を重ねてきたテージ・シリーズですが、今回発表され新型ではカワサキ「Ninja H2」シリーズに搭載されているスーパーチャージドエンジンをパワートレインとして選択。

カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「TESI H2(テージエイチツー)」

 過去にカワサキ製エンジンを搭載したモデルでは「Kawasaki」と「Bimota」の頭文字を取った「KB」をモデル名としていましたが、新型モデルでは名称も一新されています。
 
 今回の発表に際し、カワサキの担当者は「今回の件は3年前からスタート、ビモータ側からのアプローチでしたが、パートナーとしては申し分ない。デザインについては、大変満足しています。あとは、お客さんが判断してくれるだけ!」と話します。
 
 近年、ビモータ製のモデルはドゥカティ製エンジンを搭載したものが主でしたが、久しぶりの日本メーカー製エンジン搭載モデルだけに、日本への導入に期待が掛かります。

 なお、ビモータの発表によるとカワサキエンジンを搭載した「KB4」プロジェクトも進行中のようです。

【了】

カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「TESI H2(テージエイチツー)」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事