カワサキ新型「Ninja1000SX」登場! 最新モデルではサイレンサーを1本に集約【EICMA2019】

カワサキは2019年11月5日から開催されているミラノショー(EICMA2019)で、「Ninja1000SX」の2020年モデルを発表しました。

さらに熟成されたスポーツツアラー「Ninja1000SX」の2020年モデルが登場

 カワサキは2019年11月5日からイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA2019」で大型のスポーツツアラー「Ninja1000SX」の2020年モデルを発表しました。

カワサキ「Ninja1000SX」2020年モデル(メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック)

 Ninjaシリーズならではのシャープなデザインとされた「Ninja1000SX」は、スーパースポーツモデルのようなルックスながら、アップライトなライディングポジションを採用することで、ツーリング時の快適性を高めたモデルです。

カワサキ「Ninja1000SX」2019年モデル。マフラーが左右2本ずつ振り分けられています

 2020年モデルとして発表された「Ninja1000SX」では、これまで左右に2本ずつ振り分けられていたマフラーを片側一本に集約。オールLED化された灯火類と相まってダイナミックなスタイルとされています。

カワサキ「Ninja1000SX」2020年モデル(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー)

 そのほか、新型モデルでは、電子クルーズコントロールを含む電子制御技術がアップグレードされたほか、スマートフォンも接続出来るフルデジタルのTFTカラーディスプレイ、2019年モデルでも採用されていた着脱性に優れるクリーンマウントパニアシステムなどが採用されています。

 カワサキの広報担当によると、「Ninja1000SX」2020年モデルの日本導入時期は未定とのことです。

【了】

カワサキ新型「Ninja1000SX」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事