カワサキ新型「Z900」世界初公開 「エキサイティングでイージー」なコンセプトを維持しつつ“凄み”を増大 【EICMA2019】

カワサキは2019年11月5日から開催されているEICMA2019でスーパーネイキッドの新型「Z900」を公開しました。

最新の“Z Sugomi”スタイリングでよりアグレッシブに

 カワサキは2019年11月5日よりイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA2019」で新型の「Z900」を世界初公開しました。

カワサキの新型「Z900」(メタリックグラファイトブラック/メタリックスパークブラック)

 これまでZ900で採用されてきた「Z Sugomi(凄み)」スタイリングを次のステップへ引き上げることで、よりアグレッシブなデザインとされた新型「Z900」は、新しく追加された3モードKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール)を取り入れたライディングモードを備えることで、コンセプトである「エキサイティングでイージー」を実現しています。

 オールLEDの灯火類やTFTカラーディスプレイ、Bluetoothによるスマートフォン接続など、現代のバイクならではの装備を採用した新型「Z900」では、最高出力125PS、最大トルク10.1kgを発生する948cc4気筒エンジンを搭載。低回転から高回転まで、ゆとりのある走りを発揮します。

カワサキの新型「Z900」(パールブリザードホワイト/メタリックスパークブラック)

 そのほか、クラッチをより軽い力で操作できる「アシスト&スリッパークラッチ」などを備える新型「Z900」は、2020年上旬に日本へ導入される予定です。

【了】

カワサキ新型「Z900」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事