カワサキ新型「J300」発表 デザインはまさにスクーター版「Ninja」?【EICMA2019】

カワサキは2019年11月5日から10日にかけて開催されたEICMA2019でビックスクーター「J300」の新型モデルを発表しました。

カワサキらしいアグレッシブなデザインの「J300」

 カワサキは2019年11月5日から10日にかけて開催されたバイクの見本市「EICMA2019」でビックスクーター「J300」の2020年モデルを発表しました。

アグレッシブなデザインとされたカワサキ「J300」

 カワサキならではのアグレッシブなデザインを採用することで、同社の「Ninja」シリーズや「Ninja ZX」シリーズのような雰囲気とされた「J300」は、スポーティな走りを実現する最高出力28PSの299cc水冷4ストロークシングルエンジンを搭載するモデルです。

「KAWASAKI」の立体的なエンブレムをセンターに備えたメタリックペイントのハンドルカバー、2トーンのシートなどで高級感を演出した「J300」は、スポーティで快適なサスペンション、14インチのフロントホイールと13インチリアホイールなどを採用。

 足付き性を高めるために大きくえぐられたフットボードなどを併せて採用することで、利便性も高められています。

アグレッシブなデザインとされたカワサキ「J300」

 そのほか、12Vコンセント付きのグローブボックス、フルフェイスヘルメットとA4サイズのブリーフケースを収容できるシート下収納、調整可能なブレーキレバーなどを備えたカワサキ「J300」は現状、日本での販売は未定です。

【了】

カワサキ「J300」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事