ヤマハのバイクに似てる!? ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」を発表【EICMA2019】

米国のハーレー・ダビットソンは、新型の水冷エンジンを搭載したストリートファイターモデル「BRONX(ブロンクス)」をEICMA2019で初公開しました。

2020年後半に発売!? ハーレーから水冷エンジン搭載のスポーツモデルが登場

 米国のハーレー・ダビットソンは、2019年11月5日から10日にかけて開催された「EICMA2019」で新型の水冷エンジンを搭載したミドルサイズのストリートファイターモデル「BRONX(ブロンクス)」を初公開しました。

水冷エンジンを搭載したハーレー・ダビッドソンのミドルサイズ・ストリートファイターモデル「BRONX(ブロンクス)」

 最高出力115PSを発揮する排気量975ccの新開発水冷エンジン「Revolution Max(レボリューション・マックス)」を搭載する「ブロンクス」は、前後17インチのホイールや倒立フロントフォーク、シングル・リアショックなどを備えることでスポーティな走行性能を狙ったプロトタイプです。

 2018年7月にハーレー・ダビッドソンが発表した中期経営計画「More Roads to HarleyDavidson」に基づき開発された「ブロンクス」は、同時に発表された同社初のアドベンチャーモデル「パン・アメリカ」と同じく、ミドル級製品を含む新しいセグメントへの拡大を実現するものとなっています。

ハーレー・ダビッドソンのミドルサイズ・ストリートファイターモデル「BRONX(ブロンクス)」。新開発の975cc水冷エンジンが搭載されています

 これまでにもハーレー・ダビッドソンはクルーザーモデル「V-ROD」で水冷エンジン「Revolution」を採用し大きな話題を集めましたが、その第二弾ともとれる今回のプロジェクトは既存のハーレー・ファンはもちろん、スポーツモデルを好むユーザーの獲得にも繋がる可能性があります。

 ハーレ―・ダビッドソンによると、「パン・アメリカ」「ブロンクス」ともに2020年後半の発売を予定しているといいますが、現状、日本への導入や価格などの詳細は未定となっています。

【了】

ハーレーのストリートファイター「ブロンクス」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事