ホンダ「MB5」を大胆にイメチェン! プロ顔負けの完成度が与えられたチビ・チョッパー

大排気量のエンジンを搭載したチョッパーが主流となる日本のカスタム・シーンですが、少数派ではあるものの、小排気量のエンジンを搭載したチョッパーも存在しています。中でも今から7年前に制作されたMB5カスタムは極上の仕上がりが与えられた「名車」と呼べる一台です。

『手軽』で『自由』な小排気量車ベースのカスタムバイク

 インドネシアやマレーシアなどを中心に盛り上がりを見せているカブ系のマシンをベースにしたミニバイク・カスタムですが、日本のシーンに目を向けても印象に残る『名車』といえるカスタムバイクがチラホラと存在します。

1980年式ホンダMB5がベースとは思えないほどスタイルをガラリと変えたこのマシン。大排気量車のカスタムに引けを取らない姿は圧巻です

 我が国のカスタムやチョッパーといえば、あくまでも大排気量車であるハーレーが中心で、基本的にはチョッパーの本場たるアメリカに準じたものなのですが、しかし、現実的なハナシをすると251cc以上の車両の場合『車検制度』というものがつきまといます。

 もちろん、ビッグバイクをベースにしたカスタムがすべて違法なワケではなく、キッチリと構造変更や適切な書類を提出すれば認められるケースもあるのですが、やはり小排気量車を素材にしたカスタムの方が『手軽さ』や『自由度』においてアドバンテージを持つことは明白でしょう。
 
 過去に当サイト(バイクのニュース)でご紹介させて頂いたインドネシアの小排気量車カスタムをご覧頂ければ、そのレベルの高さは伝わるとは思いますが、繰り返しを承知で言えば我が国、日本に目を向けても、それに匹敵するクリエイティブに富んだ車両が存在します。

驚愕の出来栄えを見せるホンダ「MB5」のミニチョッパー

 毎年、12月の第一週の週末に開催される我が国、最大のアメリカン・カスタムカルチャーの祭典である『YOKOHAMA HCS』では、ベスト・オブ・ショーモーターサイクル以外にも米国車や欧州車、そして国産車をベースにしたカスタムのベストを決める部門賞的なアワードがあるのですが、今から7年前の2012年に『ベスト・ドメスティック』を獲得したのが、コチラに紹介する一台です。

1980年式ホンダMB5がベースとは思えないほどスタイルをガラリと変えたこのマシン。大排気量車のカスタムに引けを取らない姿は圧巻です

 国産のチョッパーといえばSRやXSなどの中型やミドルクラスのバイクがベースとなることが多いのですが、このマシンはホンダ「MB5」を素材とし、見事なクオリティに仕上げられています。

 製作したのは『クリエイティブデザイングループ・改造少年』で、それを率いる坂口元樹氏はプロとしてショップを運営しない、いわばプライベーターなのですが、ワンオフ(一品もの)で製作されたフレームやタンク、シートなどの外装類や車体のバランスは秀逸なものです。現実的なことを言えば、国産の小排気量車でここまで手を加えたカスタムとなると、ユーザーの絶対数が圧倒的に少ないのですが、商売としてではなく、プライベーターが自由な発想でカスタムを施したからこその空気をこのマシンからは感じ取れます。

小さな車体に隠されたこだわりのギミック

 1980年の2スト・フルサイズ50ccモデルであるMB5のフレームは大胆にモデファイし、かなりコンパクトなリジッド(リアサス無しのフレーム)となっているのですが、外装は耐薬品性や強度に優れたFRPやアルミ材で製作。そこにホンダCD50用のフォークをショート化してセットしているのですが車体のバランスは見事の一言です。

往年のディガーを彷彿とさせるボディワークはFRPで製作されたもの。パネルや右サイドのオイルタンクはアルミ製となっており、異素材を組み合わせた独特のムードを醸しまします。変速はハンドシフトを採用

 また、このマシンは前後ブレーキが右足のペダルと連動するインテグラルブレーキが採用されているのですが、モトグッチ等のビッグバイクで見ることが出来るこうした機能を、小排気量車に当て込んだ発想の豊かさは脱帽もの。結果、ハンドル周りにレバー類を配しないシンプルなチョッパーらしいディテールが具現化されています。(※モトグッチのインテグラルブレーキは右足のペダルを踏み込むとフロント左サイドとリアのキャリパーが連動します)

 125ccクラスのバイクが中心となる東南アジアの市場と違い、小排気量車のラジカルなカスタムは生み出され難い状況にある我が国、日本のシーンですが、過去に目を向けると、この『Madbull』と名付けられた車両のように印象に残るマシンが存在します。

ベースとなったホンダ「MB5」

 そして改めて、こうした車両を見るとカスタムの評価はベースマシンの排気量やメーカーで決められるものではないことを気づかされます。

 ホンダ「MB5」をベースにしたこのマシンも、日本のカスタムシーンの中で印象に残る紛うことなき『名車』です。

【了】

ホンダ「MB5」カスタムの画像を見る

画像ギャラリー

Writer: 渡辺まこと

ハーレーや国産バイクなど、様々な車両をベースにアメリカン・テイストのカスタムを施した「CHOPPER」(チョッパー)をメインに扱う雑誌「CHOPPER Journal」(チョッパージャーナル)編集長。カスタム車に限らず、幅広いバイクに対して深い知識を持つベテラン編集者。

最新記事