あらゆる路面で高い走行性を目指した「RUGGED MARK2」 アメリカ製EVとイタリアのセンスが融合した「E-Racer Motorcycle」

イタリアの「E-Racer Motorcycle」はアメリカの「Zero Motorcycle」製の電動バイクをベースにしたカスタム車両「RUGGED MARK2」を発表しました。いったいどのような車両なのでしょうか。

スタイルを磨き上げたEVオフローダー

 イタリアの「E-Racer Motorcycle」はアメリカの「Zero Motorcycle」製の電動バイクをベースにしたカスタム車両「RUGGED MARK2」を発表しました。

アメリカの「Zero Motorcycle」製の電動バイク「ZERO FXS」をベースにしたカスタム車両「RUGGED MARK2」

「RUGGED MARK2」のベースとなった「Zero Motorcycle」のデュアルパーパスモデル「ZERO FXS」は、3.6kwhと7.2kwhバッテリー仕様の2モデルが用意されたており、航続距離は前車が80km(113km/hで巡航時は32km)、後車が161km(113km/hで巡航時は64km/h)となっています。

アメリカの「Zero Motorcycle」製の電動バイク「ZERO FXS」

「ZERO FXS」のカスタム車両「RUGGED MARK2」では、ピックアップなどに積載する時に便利なアルミ製サブフレームの追加やテールカウルのショート化、ヘッドライトの変更などにより雰囲気を一新。車体に12個のLEDを備えることで、夜間時の視認性を高めています。

 その他、ブロックタイヤや快適な走行を可能にする「RUGGED MARK2」は、カスタム費6000ユーロ(日本円で約72万円)で、別途「ZERO FXS」の車体が必要となります。

【了】

「RUGGED MARK2」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事