目指したのはBMW版「スズキ・隼」!? 強烈なインパクトの6気筒エンジン搭載ツアラー「K1600B」カスタムが登場

滋賀県のカスタムバイクショップ「カスタムワークスZON」は、ムーンアイズが主催するカスタムイベント「ヨコハマ・ホットロッド・カスタム・ショー」でBMW Motorradのツアラーモデル「K1600B」をベースにしたカスタムバイクを展示しました。

K1600Bの走行性能はそのままに強烈な個性をプラス

 滋賀県でカスタムバイクショップを営む「Custom Works ZON(カスタムワークス・ゾン)」は、019年12月1日に開催されたカスタムショー「ヨコハマ・ホットロッド・カスタム・ショー」でBMW Motorradのツアラーモデル「K1600B」をベースにしたカスタム車両を展示しました。

カスタムワークス・ゾンが製作したBMW Motorrad「K1600B」カスタム。強烈なインパクトを放ちます

 最高出力160PSを発揮する1648ccの並列6気筒エンジンを搭載する「K1600B」は、長距離移動を快適にする装備やスペックが与えられたモデルで、同じエンジンを搭載する「K1600GTL/K1600GT」よりもスタイリッシュなシルエットが特徴のモデルです。

 カスタムワークス・ゾンによるK1600Bカスタム「STELTH CROW(ステルス・クロウ)」は、フレームやエンジン、足回りなどはそのままに、穴あけなどの加工無しで装備できるボルトオンパーツを製作し装着することで、K1600Bの走行性能はそのままにイメージを一新しています。

ベースとなったBMW Motorrad「K1600B」

 昨年にはBMW Motorradからの依頼で、開発中の新型ビッグボクサーエンジンを搭載したカスタム車両を手掛けているカスタムワークス・ゾンの吉澤雄一さんはK1600Bカスタムについて次のように話します。

「最近では海外のお客さんから注文を受けることも増えていますが、そこでネックになるのが輸出です。カスタム車両に限らず、バイクやクルマは当然、それぞれの国の法律が違うため、場合によっては現地に車両を届けることが出来ない場合もあります。

 そのため、今回のK1600Bカスタムは外装をボルトオンで取り付けられるように製作しました。また、この一台は、海外でも人気のあるスズキ“隼”のようなスポーツツアラー的な立ち位置をコンセプトにしています。

カスタムワークス・ゾンが昨年に製作した「Departed」。BMW Motorradが開発しているビッグボクサーを搭載しています

 走行面においても、もともと高いレベルに仕上げられていますので、ロードクリアランスなどに注意しながら、K1600Bの走行性能をスポイルしないようにしています。

 具体的な価格などについてはまだ決めていませんが、ニッチなユーザー層に響いてもらえたらと思っています」。

※ ※ ※

 国外ユーザーへの販売を計画している「STELTH CROW」プロトタイプでは、国内外の法規の違いなどを考慮し、あえてウインカーなどの灯火類を装着していないといますが、隣に置かれた製品版ではヘッドライト用の穴なども準備されています。

 個性的なスタイルと高い走行性能を併せ持つ夢のある一台を作りあげる……そんな楽しみ方もカスタムバイクならではの醍醐味といえるでしょう。

【了】

BMW Motorrad「K1600B」カスタムの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事