さらば「セロー」! 長い歴史の最後を飾るヤマハ「SEROW250 FINAL EDITION」登場

ヤマハは幅広い路面状況に柔軟に対応するロングセラーモデル「セロー250」のファイナルエディションを発表しました。国内向けのセローがその長い歴史に幕を下ろします。

初代モデルを彷彿とさせるセローファイナルエディション

 ヤマハは、幅広い層に支持されているマウンテントレール「SEROW(セロー)」シリーズの最終モデル「SEROW250 FINAL EDITION」を2020年1月15日より発売します。ヤマハの発表によると国内向け「SEROW250」の生産は、当モデルをもって終了します。

「SEROW250 FINAL EDITION」パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)

「マシンを操る楽しさ」と「より深く自然の中に入り込める機能」を追求することで、1985 年に新しいカテゴリーのモデルとして登場した「セロー」シリーズは、「二輪二足」をキーワードに優れた足つき性と素直なハンドリングの実現、扱いやすいエンジンを搭載した車両で、「マウンテントレール」という独自の世界観を生み出しました。

 今回発表された「SEROW250 FINAL EDITION」では、1985 年発売の初代モデルを彷彿させる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」の2色を設定し、なつかしさを感じながらも現代風にアレンジされたセローらしいグラフィックが施されています。

「SEROW250 FINAL EDITION」パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)

「SEROW250 FINAL EDITION」の価格(消費税込)は58万8500円で年間販売計画台数は4000台となっています。

【了】

「SEROW250 FINAL EDITION」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事