「アライヘルメット」ライダー用装具メーカーとして史上初のFIMゴールドメダルを受賞!

ライダー用装具メーカーとして史上初のFIMゴールドメダルを受賞したアライヘルメットは、創業当初からプロアマ問わず多くのライダーの安全のために、妥協なきモノづくりを続けています。

ライダー用装具の製造業としては史上初の受賞者

 埼玉県さいたま市に本拠を置くヘルメットメーカー、アライヘルメット代表取締役・新井理夫氏が、国際モーターサイクリズム連盟(以下FIM)からモータースポーツの功績が評価されNicolas Rodil del Valle Gold Medal(ニコラス・ロディル・デル・バレ ゴールドメダル)を授与されました。

Nicolas Rodil del Valle Gold Medalを受賞したアライヘルメット代表取締役・新井理夫氏

 SBK5年連続チャンピオンのKawasaki Racing Team J・レイ選手やMotoGPに参戦中のMonster Energy Yamaha MotoGP M・ビニャーレス選手、LCR Honda IDEMITSU中上貴晶選手、トライアルで戦うYAMAHA FACTORY RACING TEAM黒山健一選手や世界各国のレースで活躍するライダーたちが多く愛用しています。

 スイスに本拠地を置くFIMは、世界80ヶ国のモーターサイクルスポーツを統括する団体の頂点に立つ国際機関で、IOC(国際オリンピック委員会)の認可団体でもあります。

SBK5年連続チャンピオンのKawasaki Racing Team J・レイ選手

 ニコラス・ロディル・デル・バレ ゴールドメダルは、1983年に初回受賞が行われ、二輪レース活動に多大な貢献をした人物、企業の経営者に与えられる名誉ある賞で、該当者がいる場合のみ表彰されます。

 FIMからは新井理夫氏の授与理由を「永年にわたり、多くのライダーたちの安全に寄与し、モーターサイクルスポーツに多大な貢献を果たした」と発表されました。なお、新井理夫は23人目のゴールドメダリストとなりますが、ライダー用装具の製造業としては史上初の受賞者です。

 1950年10月13日に設立したヘルメットメーカー「アライヘルメット」は、日本で初めて二輪用ヘルメットを製造。その高いプロテクションは、ツーリングライダーはもちろん、過酷な状況で使用するレーシングライダーたちからも支持を受けており、創業当初からライダーの安全のために、妥協なきモノづくりを続けています。

【了】

アライヘルメットを愛用するライダーの写真を見る

画像ギャラリー

最新記事