年末に向けたバイクの洗車、シャンプーは酸性? アルカリ性? 中性? 特性に応じた選び方

バイクを洗車するとき、カーシャンプーを使うこともあります。カーシャンプーには種類があり、撥水成分の有無などのほか、酸性、アルカリ性、中性といった違いもあります。どう選べばよいのでしょうか?

汚れ落としにカーシャンプーを有効に使う

 バイクやクルマを洗車するとき、カーシャンプーを使って汚れを落とします。一般的に洗剤には界面活性剤というものがあり、汚れを分離するなどの作用からきれいになるのです。

カーシャンプーをバケツなどに溜めた水と混ぜ、よく泡立ててから柔らかいスポンジなどで丁寧に車体を洗います

 その作用とは、界面活性剤は界面と呼ばれる物質の境目(水と油など)の性質を変化させる物質が含まれ、汚れと水をなじませる「浸透作用」、油汚れを水と混ぜる「乳化作用」、汚れを浮かせる「分散作用」の3つがあり、この特性によって汚れが落ちます。

 また、カーシャンプーにはバイク用とうたっているもののほか、ワックス成分やコンパウンド成分が入っているものもあり、仕上がりがより綺麗になる成分が配合されています。しかし販売店に並ぶカーシャンプーの種類は豊富です。何を選べばよいのでしょうか。

酸性、中性、アルカリ性……どれを選ぶ?

 カーシャンプーには種類があり、容器やパッケージの裏を見ると、弱酸性、中性、弱アルカリ性などの記載があります。

カーシャンプーで洗った後は必ず水で洗い流します

 界面活性剤はpH値という値で液性が評価され、pH値は一般的に0から14まであり、0は酸性、7付近が中性、14がアルカリ性となります。カーシャンプーでは、3.0以上6.0未満の弱酸性、6.0以上8.0以下の中性、8.0超11.0以下の弱アルカリ性といった記載が一般的です。

 それぞれの液性に特徴があり、弱酸性では石灰化したミネラル分の汚れを落としやすい特性があり、弱アルカリ性では油汚れを落としやすい特性があります。しかし、よく汚れを落とす洗剤ほどゴム部品や車体表面への攻撃性は高くなる傾向にあります。

 また、中性は水の液性に近く、汚れに対する洗浄能力は弱酸性や弱アルカリ性と異なりこびりついた汚れに強いわけではありません。そのかわり中性は素材へのダメージが少ないことが特徴で、高い頻度で洗車をするといった場合に向いた特性になっています。

台所用中性洗剤で代用は可能か?

 界面活性剤はカーシャンプーだけのものではありません。台所用洗剤にも含まれているので「代用できるのでは?」という疑問もわいてきます。

台所用洗剤を代用できそうですが、安心のためにはカーシャンプーを選ぶほうが良いでしょう

 この答えはなかなか難しいところですが、例えばオレンジ油を含む食器用洗剤にはリモネンというゴム部品への攻撃性が高い成分が含まれています。そのため、バイクを劣化させずに保つためには、カーシャンプーを選んだほうが安心ということになります。

用法を守って、正しく使う

 バイクやクルマ用としていても、ブレーキダストを浮かせる強力な液性のものや、ガラス撥水剤などボディの洗浄に向かない洗剤は多数あります。これは洗剤の説明書や注意書きをよく確認するに限ります。

洗う場所によっては便利な洗車グッズを利用するのも良いでしょう

 また、一般的にバイクの洗車では電子機器やエンジンなど水が入ってはいけないところにマスキングをしてから行うことが推奨されています。準備なしにいきなり水をかけるのは絶対にしてはならないことです。

※ ※ ※

 年の瀬が近くなるとバイクも大掃除をしようと考えるかもしれません。洗車でトラブルを起こさないためにも、汚れの種類や洗う部分をふまえた洗剤選びが必要です。

【了】

洗車はメンテナンスの基本中のキホン!

画像ギャラリー

最新記事