じつは人気が高まっている? 2ストバイクはオフロードレース業界で大活躍中

排気ガス規制の強化により、国内メーカーの2ストロークバイクはほとんどが生産終了しており、オフロードバイクの世界でも4ストロークが中心となっていますが、レースの世界では、2ストロークバイクの人気が衰えていません。

2ストロークエンジン、オフロードレーサーならではの魅力とは

 オフロードバイクのレースには、スプリント競技の「モトクロス」、耐久レース要素の強い「エンデューロ」「クロスカントリー」「ラリー」などがあります。

オーストリアのバイクメーカー「KTM」は、毎年2ストローク、4ストローク共に車両開発を進めている。軽量ハイパワーな「125SX」はアグレッシブなライディングを可能としている

 1997年に登場したヤマハの4ストローク(以下、4スト)エンジンを搭載するモトクロッサー「YZ400F」の登場以降、軽くてハイパワーな2ストローク(以下、2スト)モデルに代わって、4ストが主流となっていきました。

 構造上、4ストは2スト車に比べて重量がかさむものの、エンジンの始動性も年々高まり(現在はセルスターター付きが主流)、トルクの変動が少なく、パワフルで扱いやすい4ストレーサー(競技車両)の優位性があったからです。

 モトクロス業界のプロレーサーの多くは、4歳か5歳くらいから排気量50ccのオフロード専用のキッズバイクに乗り始めます。さらに2スト65cc、85cc(あるいはホンダの4スト150cc)にステップアップしていきますが、その後は必然的に4スト250ccという選択肢となります。

 しかし「年齢的に最もライダーとしての成長が見込まれる時期に、いきなりパワフルな4スト250ccにステップアップするよりも、軽量で技術を磨くのに最適な2スト125ccに乗るべき」という考えが、欧米のモトクロス業界にはあるのです。

ヨーロッパではジュニアライダーの国別戦『FIM ジュニアモトクロス・ワールドチャンピオンシップ』を開催しており、次世代を担う世界中の若いライダーが2ストバイクでしのぎを削る

 スロットルコントロールだけである程度“走れてしまう”4ストに比べて、ジャンプの飛び出しなど、半クラッチをしっかり使わないと上手く操れず勝負できない2ストエンジンの特性は、基礎技術の向上にも役立つのです。

 現に、プロとして大成した海外のトップライダーの多くは、2スト125ccモトクロッサーに一定期間乗っていることが多いのです。例えばアメリカでは『125 ALL-Star Race』というシリーズ戦が開催されていますが、125ccは若いライダーにとって最適なパワー、サイズがあり、技術の向上に適しているという理由で大人気となっています。

 この流れは日本のモトクロス業界にも影響を与えました。MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が主催する『全日本モトクロス選手権』の国際B級オープンクラスには、10代前半の若いライダーが多く参戦しますが、あえて2スト125ccで臨むライダーも見られるようになりました。

全日本モトクロスの登竜門と言える国際B級オープンクラスでは、2スト125ccで挑むライダーも見られる。写真は2018年にヤマハ「YZ125」で数回の優勝を飾った瀬川開生選手

 モトクロスは30台ほどのスタートゲートから、横一線に並んだ状態からスタートします。数あるモータースポーツの中で“横一線スタート”はモトクロスだけです。

 スタートで他車より前に出て転倒などの混乱を避けることが必須と言われるモトクロスにおいて、4スト250ccよりも走り出だしのトルクで不利な2スト125ccはデメリットもあります。

 しかし、前述のように技術向上に適する面や軽量な車体のおかげで、よりアグレッシブなライディングやライン取りができるので、ときに上位陣に分け入る活躍も見せてくれます。

 現在、2スト125ccモトクロッサーを生産している国内メーカーはヤマハだけです。ヤマハは「YZ125」と、クロスカントリーモデルの「YZ125X」を販売しています。

国内メーカーで唯一新車として2ストモデルを生産、販売しているヤマハ。「YZ125」は若年層ライダーにも人気のモデル

 海外ではオーストリアの「KTM」と「ハスクバーナ」が積極的に2ストモデルを販売しており、エンデューロモデルも含めると「GASGAS(ガスガス)」や「tm」「シェルコ」「BETA(ベータ)」など、様々なメーカーが開発の手を休めずに毎年新型車をリリースしています。

 とくにハードエンデューロの世界では、2ストが主流と言っても良いほど、人気が衰えていません。

※ ※ ※

 国内で2ストモデルを販売しているのがヤマハだけ、というのは寂しい気もしますが、モータースポーツの振興や、次世代のライダーを育てる意味で、今後も継続してくれることを期待します。

【了】

【画像】2ストバイクが人気の理由

画像ギャラリー

最新記事