2019-2020世界耐久選手権(EWC)第1戦ボルドール24時間耐久レースを写真で振り返る

2019-2020世界耐久選手権(EWC)第1戦ボルドール24時間耐久レースはフランス・ポールリカール・サーキットで開催されました。波乱のレースは、豪雨のためレッドフラグが出され時間が短縮されました。

手堅く勝利を掴み取ったSuzuki Endurance Racing Team

 2019-2020世界耐久選手権第1戦ボルドール24時間耐久レースは、多くのチームがアクシデントに見舞われるサバイバルレースでした。また、序盤は雨と強風に見舞われ、スタートから3時間後には大量の水で安全性確保が難しくなりレッド・フラッグが出されてレース中断。夜には風雨がますます激しくなることが予想され、レース主催者と各チームのマネジャーのい話し合いの結果、翌朝6時の再スタートが決定されます。

ボルドール24時間耐久レースをSuzuki Endurance Racing Team

 再スタート後には、F.C.C. TSR Honda FranceのM・ディ・メリオ選手が転倒し、コース上にオイルを撒きSRC KawasakiのE・ニゴン選手に続いてL・バズ選手も転倒、2台のマシンは炎に包まれてほぼ全焼します。

 その後トップに立ったSuzuki Endurance Racing TeamのV・フィリップ選手がそのまま走り切り第83回ボルドール24時間耐久レースを制しました。2位には、YART Yamahaが準備したEWC用YZF-R1を駆ったW?jcik Racing Teamが入り、さらに3位には、ファクトリーチームで今シーズンから参戦するBMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMが入りました。

【了】

EWC第1戦ボルドール24時間耐久の画像を見る(78枚)

画像ギャラリー

最新記事