デカいボディのカワサキ「J125」 スーパースポーツ譲りの精鋭な外観を持つ原付二種スクーター

欧州カワサキは、日本の原付二種クラスに相当するスクーター「J125」2020年モデルを発売します。いったいどのような特徴があるのでしょうか。

ワンランク上のボディサイズが与えられた原付二種モデル

 欧州カワサキは、125ccエンジンを搭載したスクーターモデル「J125」の2020年モデルを発表しました。

カワサキのスクーターモデル「J125」(手前)と「J300」(奥)

 カワサキのスーパースポーツモデル譲りの精鋭な外観が与えられたJ125は、125ccのエンジンを搭載しつつも、2235mm/800mm/1285 mm(全長/全幅 /全高)というワンランク上のクラスのボディサイズが与えられたスクーターモデルです。

 同じく「J」の車名を持つスクーター「J300」とほぼ同等のサイズ(全長2235 mm/全幅 775 mm/全高1260 mm)とされたJ125では、12Vアクセサリーコンセント付きのグローブボックス、折りたたみ式の荷物フック、A4サイズのブリーフケースが収まるシート下スペースなどを備えることで、日常での使いが勝手を向上しています。

 また、走行性能に寄与する装備として、プリロードを5段階調整できるリアサスペンション、フロント260mm/リア240mmのブレーキディスク、ABSなども採用されています。

125ccクラスとは思えない大柄な車体のカワサキ「J125」

 そのほか、J125では「K/Kawasaki」の刻印入のカバーを備えたメタリックペイント仕様のハンドルカバー、2トーンのシートを採用することで高級感が演出されています。

 なお、現状、J125の国内販売については未定となっていますが、近年、盛り上がりを見せている原付二種モデルだけに、日本への導入に期待したいところです。

【了】

【画像で比較】カワサキ「J125」と「J300」

画像ギャラリー

最新記事