スズキ「サベージ650」は生きている ビッグ・シングルエンジン搭載の個性的アメリカンモデル

スズキ・アメリカはかつて「サベージ650」として販売され、現在では「ブルバードS40」としてラインナップされているアメリカンモデルを2020年も継続して販売します。

変わらぬ姿で販売されているブルバードS40

 スズキ・アメリカは、シングルエンジンを搭載したアメリカンモデル「ブルバードS40」を2020年も継続して販売します。

かつて日本で販売されていた「サベージ650」。現在では「ブルバードS40」の名で継続位販売されています(写真は2017年モデル)

 1986年に「サベージ650」として登場し、北米市場においては「ブルバードS40」の名称で継続販売されている同モデルは、652ccの空冷4ストロークSOHCシングルエンジンを搭載したアメリカンモデルです。

 国産アメリカンモデルではVツインエンジンを搭載するケースが多いですが、ブルバードS40では低速トルクに優れたシングルエンジンを採用することで、他のアメリカンモデルとは異なるテイストとされています。

 日本では1990年代前半で販売終了となりましたが、ベルトドライブの採用による静寂な駆動系、ワイドなレンジの5速ミッションなどが生み出す上質な走行性などにより根強いファンに支えられています。また、シンプルな構成のため、カスタムバイクのベース車両としての懐の深さを持つ点もブルバードS40の魅力といえるでしょう。

 北米で販売される最新モデルは、エンジンやシャシー、カラーリングなど、2019年モデルと同様の仕様とされています。

【了】

【画像】サベージ650と変わらぬ姿で販売されている「ブルバードS40」

画像ギャラリー

最新記事