バイクにも導入が進む高度なライディングサポート バイクも「CASE」の時代へ進むか?

クルマで当たり前になった衝突被害軽減ブレーキ、バイクには自動ブレーキはまだ先ですが、高度なライディングサポート技術が続々搭載されようとしているほか、自動車業界でいうCASEへの対応も進むかもしれません。

電子制御が進むと運転操作介入が容易になる

 かつてのバイクにはABSやトラクションコントロールといった安全装備などはなく、走るための最低限の装備しかありませんでした。近年ではスポーツバイクのみならず、小型車両でもABSの採用など、さまざまな基本性能以外のライディングサポート機能が充実するようになりました。

ボッシュが開発した「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」。ライダーの安全性向上に寄与します

 なぜライディングサポート機能のあるバイクが現代的なのかというと、その機能を動作させる仕組みに、コンピュータ制御、センサー監視、ネットワーク技術といった電子制御技術の基本が詰まっているからといえます。

 例えば電子制御の進んだバイクではスロットル操作は電気信号化され、各部に情報伝達が行われ動作します。そのため、サポート機能が運転操作に対して介入がしやすくなり、タイヤ回転の検知、前後左右の加速度の検知などといった情報を総合的に判断し、トラクションコントロールなどの制御を行います。

 これが昔ながらの機械的なスロットルのバイクでは、人間の操作とスロットルが機械的に結合しているため、人間の操作をオーバーライド(上書き)するためにはさまざまな機械部分が必要になります。

バイクの具体的な機能とその問題点

 現在、ABSやトラクションコントロールは2輪車で採用が進んでいます。しかし、車間制御、自動ブレーキはまだ採用が進んでいません。

ボッシュによる二輪車向け安全技術の開発ビジョン

 そのひとつの理由に、2輪車はカーブで車体を大きく傾けて走るため、他車を検知するミリ波レーダーやカメラなどのセンサー類の地面からの距離、角度が大きく変化し、検知が難しくなってしまうことが挙げられます。

 そしてもうひとつが、加減速をライダーの意思とは別に行うことで転倒のリスクがあることです。

 例えば、燃料噴射ポンプなどの自動車部品やセンサーなどを製造するサプライヤーのひとつ、ボッシュが2020年から量産しドゥカティやKTMのモデルに搭載されるという「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」には、運転サポート技術を大きく3つ搭載しますが、そのなかのひとつが「衝突予知警報」となっています。

 4輪車であれば、衝突を予知した場合は自動的に急ブレーキをかける「衝突被害軽減ブレーキ」となるはずですが、バイクでは「警報」に留まっていることが特徴です。バイクにおいて完全停止させる自動ブレーキでは転倒リスクがあるということを表しているのでしょう。これは、将来、ブレーキに介入しても転倒しない技術が確立されれば、緊急時の自動ブレーキが実現するということでもあります。

バイクの将来も「CASE」が重要

 今後、高度なライディングサポート機能が搭載されるためには、自動ブレーキなどライダーの意思と異なる運転制御がかかっても、転倒や大きなふらつきなどの危険な状態に陥らない姿勢制御などの技術が必要になります。

テスト用のボッシュ製センサーを装着したドゥカティ製バイク。販売される車両ではセンサーは見えない位置へと搭載されます

 また、一方でバイクの電動化や、乗り物など個人所有の資産等を他人に貸し出し、または貸し出しを仲介する「シェアリングエコノミー」も進むことが予想されます。それにはコネクテッドの技術が必要となります。

 バイクにおける自動運転が高度なライディングサポートを示すとすれば、自動車業界でよく言われる「CASE」(Connected=コネクティッド、Autonomous/Automated=自動化、Shared=シェアリング、Electric=電動化の4つの頭文字で構成された造語)の4項目がすべてバイクにも揃っていると言えるのではないでしょうか。

【了】

【画像】ボッシュが開発した「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」とは?

画像ギャラリー

最新記事