電動自転車の先駆けヤマハ「PAS」シリーズ レトロスポーティーな「PAS CITY-V」2020年モデル登場

ヤマハは、24型電動アシスト自転車「PAS CITY-V(パス・シティ・ブイ)」の2020年モデルを2月14日に発売します。どのような特徴があるのでしょうか。

上質な新カラーを採用した本格的な24型モデル

 ヤマハは、レトロスポーティなデザインと本格的な走行性能を兼ね備えたシティタイプの24型電動アシスト自転車「PAS CITY-V(パス・シティ・ブイ)」の2020年モデルを、2月14日に発売します。

ヤマハ「PAS CITY-V(パス・シティ・ブイ)」2020年モデル(ミラーシルバー)

 車体デザインにより似合う、上質な新カラーを採用した「PAS CITY-V」2020年モデルは、通勤や街乗りなどのシーンで使いやすく、気軽にスポーティな走行感覚を楽しむことのできる24型コンパクトアーバンモデルです。

 直線的でシャープなイメージのV型フレームや砲弾型バッテリーライトの採用など、レトロスポーティなデザインに仕上げられています。また、「PAS」シリーズのコンパクトモデルで唯一の内装5段変速の採用や、オンロードでの走行性を重視したタイヤの採用など、24型モデルながら本格的な走行性能を実現しました。

ヤマハ「PAS CITY-V(パス・シティ・ブイ)」2020年モデル(ダークメタリックレッド)

 機能面においては、ギヤポジションに合わせてきめ細かな制御を実現する機構「S.P.E.C.5」や、トリプルセンサーシステム、便利な時計機能などの表示メニューが充実した「液晶5ファンクションメーター」など、従来から好評のPASシリーズの特長はそのまま継承しています。

 一充電で最大78kmを走行できる「PAS CITY-V」は価格(消費税込)12万8700円で、年間3000台の販売が予定されています。

【了】

ヤマハ「PAS CITY-V」2020年モデルの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事