4サイクルレーサーレプリカの世界に一石を投じたスーパースポーツ「ホンダVFR400R」

レースの最新技術を惜しみなく投入したスーパースポーツモデル「VFR400R」は、ホンダの中型4サイクルレーサーレプリカ最大級の人気モデルでした。

V型エンジンにプロアーム、ホンダの最新技術を投入したVFR400Rとは!?

 1986年ホンダは、新設計した4サイクル90度V型4気筒エンジンを搭載し、ツインチューブ・ダイヤモンド式のアルミフレームやセラミック素材のブレーキパッド(前輪)を採用した「VFR400R/Z(NC21)」を発売します。

1986年VFR400R(NC21)

 VFRは、国内のレースTT-F3で活躍した「ホンダRVF400」から最新技術を投入し、快適な走行が楽しめるロードスポーツバイクとして開発されました。また、VFR400Rのカウルが取り外され2眼ヘッドライトを装備したVFR400Zもラインナップされており、若者向けに軽快なスポーツ性を強調したスタイルとそれぞれ違った個性を主張しています。

 新V4エンジンは、カムシャフトの駆動方式を従来のチェーンからギアに変更したカム・ギアトレーン方式を採用、高回転時の動力の伝達効率を高め、独特のサウンドも演出しています。最高出力は59ps/12500rpmを発生させています。

1986年VFR400Z

 スリムなV型エンジンを活かした低重心で、機械部分を集約化した設計で優れた操縦性も同時に実現しています。

 価格は、VFR400R 65万9000円、VFR400Z 62万9000円。

 ■VFR400R(NC21)諸元

 全長×全幅×全高:2010mm×705mm×1010mm
 車両重量:178kg
 乾燥重量:159kg
 エンジン形式:NC13E・水冷4サイクルDOHC4バルブV型4気筒
 総排気量:399cc
 最高出力:59ps/12500rpm
 最大トルク:3.7kgm/11000rpm
 燃料タンク容量:16リットル
 タイヤサイズ:前110/90-16 59 H 後130/80-18 66 H

VFR400R・スペシャルエディション(通称:山本カラー)

 さらにホンダは、同年7月に1985年度全日本選手権ロードレースのTTフォーミュラIIIクラスチャンピオン山本陽一選手が乗るワークスマシンRVF400と同様のカラーリングを採用した「VFR400R・スペシャルエディション(通称:山本カラー)」も限定販売しています。

 1987年VFR400R(NC24)は、VFRの代名詞後輪懸架装置のプロアーム(片持ち式リアフォーク)が採用されます。世界耐久選手権で1985年・1986年の2年連続チャンピオンを獲得したレースマシン「RVF750」に採用された最新技術を投入したものです。またプロアームは、鈴鹿8時間耐久レースにおいて、タイヤ交換時間の短縮につながりました。

1987年VFR400R(NC24)

 さらにVFR400Rには、ロードレース世界大会で活躍していたHRCワークスチーム「ロスマンズ・ホンダ・チーム」の特別カラー仕様車も後に追加されています。

 プロアームを採用したVFR400Rの価格は、67万9000円、ロスマンズカラーは、68万9000円。

 ■VFR400R(NC24)諸元

 全長×全幅×全高:2010mm×690mm×1125mm
 車両重量:183kg
 乾燥重量:164kg
 エンジン形式:NC13E・水冷4サイクルDOHC4バルブV型4気筒
 総排気量:399cc
 最高出力:59ps/12500rpm
 最大トルク:4.0kgm/11000rpm
 燃料タンク容量:16リットル
 タイヤサイズ:前100/90-16 54 H 後130/70-18 63 H

 1989年に発売されたVFR400R(NC30)は、外観もRC30(VFR750R)を彷彿とさせるデザインに変更されたことで人気を博し、VFR400R最後のモデルとしてカラーリング変更や小改良を行いながら長く販売されていました。

1989年VFR400R(NC30)

 大幅に改良されたV4エンジンは、360度タイプのクランクシャフトを採用し、高回転時の伸び感はそのままに中・低回転域での力強いトルク・フィーリングを実現しています。エンジンの熱量を低減させるために2個のアルミ製ラジエーターを上下に配置し、大容量化による冷却性向上と同時に前面投影面積を小さく抑えたことで優れた空力特性を実現しています。低くスリムなフル・フェアリングには、RC30を連想させるデュアルヘッドライトを採用。

 VFR400Rは、マスの集中化、ショートホイールベース化、キャスター角設定の自由度向上などで運動性能も向上、フレーム・足まわりも750ccクラスに匹敵するアルミ・ツインチューブ・フレームやメンテナンス性に優れた片持ち式スイングアーム、ラジアルタイヤの採用で車体設計に貢献しています。さらに、7段階の握り幅が調整できるフロント・ブレーキレバーやジュラルミン鍛造製のチェンジ・ブレーキペダルをステップと同軸式とし、扱いやすい操作フィーリングを実現しています。

 VFR400R(NC30)の価格は、74万9000円。

VFR400Rエンヂュランス・スペシャル・カラーリングモデル

 1992年には、鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦する、“OKI HONDA RACING”のRVF750をイメージしたカラーリング・パターンを採用したVFR400Rエンヂュランス・スペシャル・カラーリングモデルを追加し、発売しました。価格は、73万9000円(国内限定2000台)でした。

 ■VFR400R(NC30)諸元

 全長×全幅×全高:1985mm×705mm×1075mm
 車両重量:185kg
 乾燥重量:167kg
 エンジン形式:NC13E・水冷4サイクルDOHC4バルブV型4気筒
 総排気量:399cc
 最高出力:59ps/12500rpm
 最大トルク:4.0kgm/10000rpm
 燃料タンク容量:15リットル
 タイヤサイズ:前120/60R17 55 H 後150/60R18 67 H

【了】

ホンダ「VFR400R」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事