完全新金型で精密に再現されたハセガワの新製品「スズキ RG400Γ 前期型」が2月に発売予定!

ハセガワの完全新金型で再現されたプラモデル「スズキ RG400Γ前期型」が2月29日に発売予定です。細部に拘り忠実に再現されたモデルについてお話をお聞きしました。

見事に再現されたハセガワの新製品「スズキ RG400Γ 前期型」の見どころは?

 プラモデルメーカーのハセガワは、1985年にデビュー「スズキ RG400Γ 前期型」を完全新金型で見事に再現した1/12スケールプラモデルを2月29日(土)に発売予定です。

ハセガワ完全新金型新製品「スズキ RG400Γ前期型」

 RG400ΓのベースとなったRGΓ(ガンマ)は、ロードレース世界選手権500ccクラスで7年連続メーカータイトルを獲得し、1981年にはマルコ・ルッキネリ選手、1982年はフランコ・ウンチーニ選手がメーカーとライダーのタイトルを獲得しています。

「Γ(ガンマ)」最大の特徴でもある4気筒を正方形に配置するスクエア フォーエンジンは、吸気弁の開閉タイミングを任意に設定することができるロータリーディスクバルブを採用しています。しかし、キャブレターをクランクケースと同軸方向に設置しなければいけないため、4気筒では横に2つ並べ、シリンダーごとにキャブレターを配置。RG400Γの最高出力は、59馬力です。

 RG400Γ/ RG500Γは、エンジンの仕様からアルミフレームに至るまで、レーサーモデルRGΓとほぼ同じ仕様で製作され、テールカウルから2本、さらに左右に1本ずつ後方へチャンバーが出され迫力あるスタイリングの一躍を担っています。さらに溶接箇所が少なく軽量化されたアルミフレームのヘッド部分には、「Γ」と刻印されており市販車最上級モデルを証明しています。

アルミフレームのヘッド部分に刻印された「Γ」の文字も再現

 今回のキットは、1985年に発売された「RG400Γ前期型」を、徹底した実車取材により完全新金型で再現されています。ハセガワ 企画開発部 開発グループ 次長 久保山 弘道さん(以下:久保山さん)に新製品「RG400Γ前期型」のプラモデルについてお聞きしました。

 ――「RG400Γ前期型」発売までの経緯について

 久保山さん:RG400Γは、GSX-R750と同時期にスズキのレーサーレプリカブームの一翼を担い、レプリカを超えたレプリカとして話題になりました。2019年11月にキット化したGSX-R750の情報収集の中で、この話題性に注目しました。

 ――「RG400Γ前期型」プラモデルの作り込みについて

美しく仕立てられたチャンバーやスクエアフォーエンジン

 久保山さん::スクエアー フォーのヘッド回りや独立したキャブレターなど他社では見られない特徴的な形状とレイアウトを精密に再現しました。フレームや補器類を避けて、うねった形状のチャンバーも見どころです。 

 ――「RG400Γ前期型」を購入される方々について

 久保山さん:レーサーレプリカブームを知るユーザーがメインターゲットです。中には若い人で実車のオーナーになる方もいますので、広くアピールしていきたいですね。4サイクル全盛期に2スト・スクエアー フォーの独創的な構造を手に取って確認して欲しいです。

 ※ ※ ※

細部まで精密に作られているのは完全新金型ならではの魅力

 1/12スケールプラモデル「RG400Γ前期型」のパーツカラーは3色で構成されています。
・ホワイト:カウル、タンク他
・ミディアムグレー:エンジン、フレーム他
・クリアー:スクリーン他
 ※ヘッドライト、ミラーはメッキパーツとなります。   

 新製品1/12スケールプラモデル「スズキ RG400Γ 前期型」2月29日発売予定。また、3月発売予定の別売りのエッチングパーツも3月5日発売決定!ブレーキディスクやメッシュをディテールアップ可能です。

 ■「スズキ RG400Γ 前期型」プラモデル仕様

「スズキ RG400Γ 前期型」プラモデル仕様

 スケール:1:12
 品番:BK9
 弊社発送:2020年02月26日
 発売日:2020年02月29日ごろ
 本体価格:3600円(+消費税)
 パーツ数:208
 模型全長:170mm
 模型全高:98mm
 模型全幅:70mm

【了】

ハセガワの新製品「スズキ RG400Γ前期型」の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事