ドゥカティ「スクランブラー」に新展開! より楽しくなった「1100 PRO/スポーツPRO」とは?

ドゥカティは、様々なスタイルのモデルをラインナップしている「スクランブラー」シリーズの新型車「スクランブラー1100 PRO/スポーツPRO」を発表しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

ロングツーリングに役立つ15リットルタンクを採用

 ドゥカティは、走る楽しさを満喫することができる「スクランブラー」シリーズの最新モデル「スクランブラー1100 PRO/スポーツPRO」を1月27日に発表しました。

ドゥカティ「スクランブラー1100 PRO」(左)と「スクランブラー1100 スポーツPRO」(右)

 ドゥカティ・スクランブラーシリーズが掲げる「Land of Joy」の世界をこれまで以上に体現できるように設計された「スクランブラー1100 PRO/1100スポーツPRO」は、ロングツーリングをより快適に楽しみたいユーザーに最適な一台で、低回転域から力強いトルクを発生する1079ccエンジン、15リットル容量のスチール製燃料タンク、座り心地を向上させたシートなどが採用されています。

 スクランブラー1100 PROにおいては、ツートーンのボディカラー「オーシャンドライブ」やスチール製トレリス・フレームとアルミニウム製リア・サブフレームで構成されたシャシー、右側出しのデュアル・テールパイプ、低い位置に設定されたプレートホルダー、ひと目で「スクランブラー」と分かるように設計されたフレーム付きヘッドライトなどで車体を構成。凝縮感のあるコンパクトな印象を生み出しています。

 また、上級グレードにあたるスクランブラー1100スポーツPROでは、オーリンズ製サスペンションやロー・ハンドルバー、カフェレーサー・スタイルのリアビューミラーといったユニークな装備することで、マッスル感を強調。タンクのサイドパネルには「1100」のロゴが配置されています。

ドゥカティ「スクランブラー1100 スポーツPRO」

 そのほか、スクランブラー1100 PRO/1100スポーツPROでは、専用チューニングが施されたドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)と、あらゆるコーナーで安全性を確保するコーナリングABSを標準装備。

 標準設定される3つのライディング・モード(アクティブ、ジャーニー、シティ)を使い分けることで、経験の浅いライダーでも適切なバランスを見つけ出すことが可能といいます。

 ドゥカティの発表によると、スクランブラー1100 PRO/1100スポーツPROの日本での発売は2020年年末を予定しているようです。

【了】

【画像】ドゥカティ「スクランブラー1100 PRO/スポーツPRO」(10枚)

画像ギャラリー

最新記事