ヤマハが培った技術でモビリティに変革を EV向けのモーターユニットの試作開発受託を開始

ヤマハは四輪車を含めたモビリティ向けに電動モーターユニットの試作開発受託を開始します。どのような目的があるのでしょうか。

高性能モーターを短時間で提供

 ヤマハ発動機株式会社は、このたび、四輪車を含めたモビリティ向けに業界最高クラスの出力密度を実現した電動モーターユニットの試作開発受託を開始します。

ヤマハ製電動モーターユニットの活用イメージ

 ヤマハは2018年12月11日に、「ART for Human Possibilities」を旗印とする2030年長期ビジョンを発表しましたが、今回の電動モーターユニットの試作開発受託は、その中のひとつである“Transforming Mobility(モビリティの変革)”を目指す活動の一環として行われるものです。

 今回ヤマハが発表した電動モーターユニットは、同社がこれまでのエンジン開発で培った技術や感性により、ヤマハらしいエモーショナルなパワーユニットの創造を目指して開発されています。

ヤマハの電動バイク・コンセプトモデル「E01」(右)と「E02」(左)について説明する日高社長(東京モーターショー2019開催時)

 エンジン開発で培った鋳造技術や、加工技術、高効率なセグメントコンダクタの採用などにより、コンパクトながら高い出力を実現するヤマハ製電動モーターユニットは、モーターサイクルをはじめとする各種製品群に柔軟に対応してきた生産技術を活かし、短期間かつ、顧客要望に沿った試作開発が可能といいます。

 二輪車はもとより、四輪車用の高出力エンジンやミッションなどを開発・製造してきたヤマハの技術がモビリティの変革にどのように貢献するのか、期待が掛かります。

【了】

【画像】個性豊かなヤマハのEVを見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事