春よ来い! 絶景ツーリングコースオススメ3選・関東上越編

関東地方には、美しい景色を楽しめるツーリングコースや、広々とした開放感のあるツーリングコースがたくさんあります。東京近郊から日帰りで行けるスポットもあるので、気軽に観光や食事を楽しめます。今回は、関東にあるおすすめのツーリングコースについてご紹介します。

関東の絶景ツーリングコース、初心者向け・上級者向けと様々な道が!

 ●嬬恋パノラマライン(群馬県)

 群馬県の嬬恋村にある嬬恋パノラマラインは、国道や県道ではなく農道のツーリングスポットとして人気です。地図で調べても場所がわかりにくく、現地には詳しい案内看板がないので道に迷ってしまうこともありますので、事前にコースを把握しておくと安心です。

 国道144号線から走る「北ルート」では、広々とした農道を走れるコースで、まるで北海道のように開放的な丘陵地帯が広がっています。信号がないので、雄大な浅間山を眺めながらノンストップで走ることも可能です。のどかな風景を楽しみながら、まったりとツーリングしたい人におすすめです。

 パルコール嬬恋というゴルフ場からスタートする「南ルート」は、山間部にあるため急カーブが多いコースとなっており、ベテランライダーたちに人気のあるコースです。丘陵の合間から見られる景色は北ルートよりも豪快で、ライダーの中では穴場的なスポットとして知られています。

 北コースと南コースどちらも交通量は少ないので、ついスピードが上がってしまうかもしれませんが、あくまで農道のため、農耕車両優先を心がけ法定速度を守って楽しみましょう。また、嬬恋村にある有名なスポットの「愛妻の丘」は、「愛の聖地」と呼ばれています。定期的に「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」という賑やかなイベントも開催されているので、ツーリングついでに寄ってみてはいかがでしょうか。

自分だけの絶景ツーリングスポットを探すのも楽しみの一つ

 ●日本ロマンチック街道(長野県・群馬県・栃木県)

 日本ロマンチック街道は、長野県・群馬県・栃木県を繋いでいる全長約320kmの街道で、高速道路を使えば、東京近郊から出発しても日帰りで行くことも可能です。浅間・白根・日光白根など、火山が作った造形美を見ながらツーリングができます。

 ドイツのような自然景観を持っているのが特徴で、日本のロマン詩人たちがたくさんの作品を残した場所でもあります。そのため、ドイツにあるドイツロマンチック街道にならって、日本ロマンチック街道という名前が付けられました。

 また、沿線には、有名な観光スポットがたくさんあります。大岩フラワーガーデンは、ひまわりに囲まれながら休憩をとることができるので、ツーリングの合間に寄るのも良いでしょう。ほかにも、吹割の滝は、3方向から滝が流れており、侵食されてできたV字の谷に集まっている姿は迫力満点です。

 日帰りで北関東の絶景を堪能できる、贅沢なツーリングコースとなっています。

 ●榛名山(群馬県)

 榛名山は群馬県を代表する山でもあり、山頂までロープウェイで登ることができます。木立の間を通る上毛三山パノラマ街道から榛名湖までのコースは、群馬の四季折々の風景を楽しむことができます。

 周辺のコースは、真っ直ぐな道が多く、バイクを停めて眺めたくなるような景色が広がっています。中でも、榛名山の北西にある吾妻郡から榛名へ続く県道28号線は、交通量が少なめで走りやすいためおすすめです。しかし、榛名山周辺の道はカーブが多いため、無理な運転は控えましょう。

 山頂では群馬の山々や、関東平野を見渡せる絶景が広がります。また、榛名湖の周りには食事処やジョギングコースがあるので、ツーリングの休憩に利用するのもおすすめです。夏にはハイキングやキャンプ、冬はワカサギ釣りなど、たくさんの自然に触れられる場所となっています。

 ※ ※ ※

 何気なくバイクで走っていると、突然絶景が現れて感動することもあるでしょう。ツーリングには様々なルートがあるので、同じエリアを走っていても出会ったことのない景色を見つけることがあります。

ツーリングには最適な季節がすぐそこまできています

 また、のんびり走りながら自分だけの絶景スポットを探すのもツーリングの醍醐味と言えるでしょう。東京から日帰りで行ける絶景コースも数々存在しますので、週末の気分転換などで立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【了】

絶景ツーリングコース関東上越編の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事