スズキ「GSX-S750」がカラーチェンジ 全3色設定で2020年2月20日より発売

2017年に新登場となったスズキ「GSX-S750」がカラーリングとグラフィックを変更し、2020年モデルとして2月20日より発売されます。

新色は「青」「白」「つや消し黒」の3パターン

 2017年に新登場となったスズキ「GSX-S750 ABS」がカラーリングとグラフィックを変更し、2020年モデルとして2月20日より発売されます。価格や諸元に変更はありません。

スズキ「GSX-S750 ABS」(2020年型)カラー:トリトンブルーメタリック

 スズキ「GSX-S750 ABS」は、排気量749ccの水冷並列4気筒エンジンを搭載するネイキッドモデルです。フルカウルのスーパースポーツモデル「GSX-R750」(海外向けモデル)ゆずりのスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りが特徴となっています。

 また、発進時や低回転走行時にはエンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」の採用や、3段階から選択可能なトラクションコントロール、ワンプッシュで始動する「スズキイージースタートシステム」、ニュートラル時であればクラッチレバーを握らなくても始動可能とするなど、ストリートでの扱いやすさや安全性に配慮した装備も従来通りです。

 スタイリングは野獣が獲物を狙うような低く構えたアグレッシブなイメージとし、兄弟モデル「GSX-S1000」と共通イメージとなるヘッドランプには牙を模したポジションランプを装備し、躍動感を演出しています。

 2020年モデルでは「トリトンブルーメタリック」、「パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック」、「マットブラックメタリックNo.2」の全3色展開となっており、価格(消費税10%込み)はそれぞれ98万7800円です。

【了】

【画像】スズキ「GSX-S750 ABS」(2020年型)のカラーリング

画像ギャラリー

最新記事