アプリリア「SXR160」発表 高い評価を受けたプレミアム・スクーターの内容とは?

ピアッジオ・グループのバイクブランド「Aprilia」は、インドで開催されている「Auto Expo2020」で新型のスクーターモデル「SXR160」を発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

新たなベンチマークとして送り込まれたプレミアム・スクーター

 ピアッジオ・グループのバイクブランド「Aprilia(アプリリア)」は、2月7日から12日かけてインドで開催されている「Auto Expo2020」でインド市場向けの新型スクーター「SXR160」を発表しました。

インド市場向けの新型プレミアムスクーター、アプリリア「SXR160」

 人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす「人間工学」(エルゴノミクス)に基づきライディングポジションが構築されたアプリリア「SXR160」は、オーバーサイズサドル、フラットフットボード、LEDライト、多機能デジタルディスプレイ、ABS、12インチ、5スポークアルミホイールなどを採用したプレミアム・スクーターです。

 アプリリアの3V Techフューエル・インジェクションを備えることで、インドの新しい排ガス規制BS6(バーラトステージ/)に対応したエンジンは、160cc、または125ccの2種類が用意されています。

 ピアッジオは、ハイテクで個性的なデザインとされたSXR160は、インドのプレミアム・スクーターの新たなベンチマークになる見込みであると発表ましています。

 なお、Auto Expo 2020のBest Two Wheeler・People’s Choice Awardを獲得したアプリリア「SXR160」は、2020年8月より、現地で予約受付を開始する予定です。

【了】

【画像】インド市場に導入されているピアッジオ・グループの製品(8枚)

画像ギャラリー

最新記事