原二免許で楽しめるAJS「Tempest Scrambler 125」2020年モデル登場 小排気量でも本格仕様のスクランブラー

国外メーカーのバイクを輸入・卸販売するイリストレーディングは、イギリスのバイクブランド「AJS」がラインナップする「Tempest Scrambler 125」の2020年モデルを発売しました。どのような特徴があるのでしょうか。

ヤマハ「YBR125」と同型のエンジンを搭載するスクランブラー・モデル

 国外メーカー製バイクの輸入・卸販売を行うイリストレーディングはイギリスの老舗バイクブランド「AJS」がラインナップする125ccモデル「Tempest Scrambler(テンペスト・スクランブラー)125」の2020年モデルを発売しました。

「AJS」がラインナップする125ccモデル「Tempest Scrambler(テンペスト・スクランブラー)125」

 AJSが販売するカフェレーサーモデル「Cadwell 125」をベースにスクランブラー・スタイルに仕立てられた「Tempest Scrambler 125」は、Cadwell 125と同じくヤマハが海外で販売する小型ネイキッドモデル「YBR125」と同型のエンジン(5速ミッション)を搭載するモデルです。

 オフロードや林道の走行にも配慮したTempest Scrambler 125では、前後17インチのオンロードタイヤを履いたCadwell 125とは異なり、フロントを18インチ化したうえで、ブックタイヤを装着。

 125ccクラスとしては大柄な車体(燃料タンクの容量は16L)と相まって、本格的なスクランブラー・モデルのようなタフさを感じさせる仕上がりとされています。

「AJS」がラインナップする125ccモデル「Cadwell (キャドウェル)125」

 イリストレーディング取締役の菖蒲信行さんは、Tempest Scrambler 125について次のように話ます。

「TempestScramble125はCadwell 125と同じエンジンですが、フロント18インチ、リア17インチのブロックタイヤが装着されてますので、こちらはさらに大柄に感じます。

しかし、走らせるとポジションからくる解放感で、こちらもツーリングや、ちょっとした林道もこなしてくれます」。

※ ※ ※

 TempestScramble125は、Cadwell 125と同じくボアアップキットやキャブレター、リアキャリアなどのカスタムパーツも用意されているため、購入後にこのみに応じてアップデートすることも可能です。

 今となっては珍しいキックスタートや、リアブレーキの操作でフロントブレーキも連動するコンバインド・ブレーキシステムも備えたAJS「TempestScramble125」の価格(税別)は30万8000円で、外装色はイエロー/ブラック/オレンジの3色が用意されています。

【了】

【画像】AJS「Tempest Scrambler(テンペスト・スクランブラー)125」を見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事