「MUTT MOTORCYCLES」2020年モデル登場 より洗練されたスタイルで登場

海外製のオートバイを輸入・販売するピーシーアイ株式会社は、2019年より輸入・販売を開始したバイクブランド「MUTT MOTORCYCLES(マットモーターサイクルズ)」の2020年モデルの発売を開始します。どのような特徴があるのでしょうか。

使い勝手に優れた250ccエンジン搭載モデル

 英国「ノートン」やイタリア「モト・モリーニ」など、海外製のオートバイを輸入・販売するピーシーアイ株式会社は、英国のバイクブランド「MUTT MOTORCYCLES(マットモーターサイクルズ)」250ccエンジン搭載のニューモデル3車種(RS-13BLK 250/SUPER-4 250 BLUE & GOLD)を2020年2月20日(木)より発売します。

MUTT MOTORCYCLES「RS-13BLK 250」

 2019年より国内に導入されているMUTT MOTORCYCLESの車両は、カスタムバイクのような外観とレトロな雰囲気と最新の安全性・操作性を両立するモデルとなっています。

 艶消しの外装色を採用したRS-13BLK 250は、レンサル製ハンドルバーや極太ブロックタイヤ、ダイヤモンドパターンのブラックグリップ・シートを採用。中でも職人によるハンドフィニッシュにより少しずつ異なった仕上がりを持つスチール製タンクがこのモデルのキャラクターを決定付けています。

 また、クロームリム&スポーク 18 インチホイールを標準装備し、美しい光彩を放つカスタムメタリックペイントがほどこされたSUPER-4 250 BLUE & GOLDは、金属の表面に細かな傷を狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法「サテン仕上げ」のフロント・ワイドマッドガード、リアのチョップドマッドガードを装着。

 同じく艶消しで仕上げられたステンレス製エグゾーストシステムからは、図太いサウンドが吐き出されます。

 なお、ピーシーアイ株式会社の発表によると2020年モデルの価格は2019年モデルと同じく価格(消費税込)は65万4500円となっています。

 スタイリッシュかつ気軽に乗れて維持も簡単な250ccモデルだけに、今後の展開が気になるとことです。

【了】

【画像】「MUTT MOTORCYCLES」2020年モデルの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事