その差は2分18秒……クアラルンプール国際空港からセパン・サーキットまでタイムアタック!?

クアラルンプール国際空港からクルマでわずか10分。マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットは空港から超近所にあります。本当に10分で着くのか!? タイムアタックしてみました。

拍子抜けするほど近くてあっさり到着、しかしタイムは……

 2020年2月某日、MotoGPの公式テストが実施されたセパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)のすぐ近くで、あるタイムアタックが行われていました。

2020年シーズンのMotoGP公式テストが実施されたセパン・インターナショナル・サーキットはクアラルンプール国際空港からとても近い距離にある

 スタート地点はクアラルンプール国際空港第2ターミナル、フィニッシュ地点はセパン・インターナショナル・サーキットです。

 マシンは……もとい、クルマは現地でレンタルしたプロトンの乗用車。約13kmの道のりの平均タイムは、Googleマップ調べだと約12分です。

 ムワアッとした東南アジア特有の暑さの中、プロトンに乗り込むドライバー……もとい筆者(伊藤英里)は、超安全運転という名のスロー走行を誇ります。その実績は数々の「エッ、そんなに時間かかったの!?」発言を頂戴してきました。

 果たして、このタイムアタックは成功するのか? まったく知らない海外の道に不慣れなレンタカー、そして東南アジアといえば(なんとなく)渋滞しそう、などと様々な不安を乗せて、プロトンは静かに発進しました。

 しかし、タイムアタックとあって高揚した頭の中にはF1のテーマ曲が流れます。あの曲を聞くとテンションがドドンと上がるから不思議です。もはやパブロフの犬状態、そして気分はF1ドライバー、おのずと目が三角に……なることはありません。

道すがら、2019年12月に行われたセパン8耐の看板が残っていた

 クアラルンプール国際空港を出て幹線道路に入ると、上がったテンションはどこへやら。ひたすら左車線をキープ&キープ。速度もキープ。左車線ならブーブーとクラクションを鳴らされることもなく「安心! 安全!」です。

 少し走ると、大きめのラウンドアバウト(roundabout)が見えてきます。ラウンドアバウトとは、ヨーロッパにも見られるサークル上の交差点(環状交差点)のことです。円を描くようにグルグル走りつつ、行きたい方向の出口から交差点を脱します。

 信号待ちがない代わりに、合流するタイミングがとても重要になります。おそらく、順番に入っていく長縄飛びが好きだった人は得意でしょう……ちなみに筆者は壊滅的に苦手でした。

青い看板の先に迫る「ラウンドアバウト」はとにかくタイミングが大事!!

 おそらくこのタイムアタックの中で、もっとも緊張が走った一瞬でしょう。しかし幸いにもタイミングでもたつくことなく颯爽とクリア。「こういうときは度胸が必要」と、知らず力が入っていた肩の力を抜きつつうそぶく筆者でした。

 そのままスローなタイムアタックを続けていると、早くもそれらしき看板が見えてきました。

「ここ!? ここなの!?」いらえのない質問を叫びながら、あっという間にフィニッシュです。気になるタイムは……「14分18秒30」、平均タイムとの差は2分以上でした。「自分のタイムには満足している」とタイムアタック後にコメントを残す筆者。周り、誰もいませんが。

セパン・インターナショナル・サーキット付近でフィニッシュ

 今回のフィニッシュ地点はセパン・インターナショナル・サーキットのメインエントランスに入る手前です。クールダウンラップ、もとい駐車場に向かう場合、さらに時間がかかることになるでしょう。とは言え、セパン・インターナショナル・サーキットはクアラルンプール国際空港からかなりの近さが証明されました。

※ ※ ※

 2020年シーズン、MotoGP第18戦がセパン・インターナショナル・サーキットで10月末から開催されます。観戦に訪れた際にはこの距離感を楽しむタイムアタック、試してみてはいかがでしょうか?

【了】

【画像】クアラルンプール国際空港からセパン・インターナショナル・サーキットまでの道のり(9枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊藤英里

モータースポーツジャーナリスト、ライター。主に二輪関連記事やレース記事を雑誌やウエブ媒体に寄稿している。小柄・ビギナーライダーに寄り添った二輪インプレッション記事を手掛けるほか、MotoGP、電動バイクレースMotoE取材に足を運ぶ。

最新記事