軽量・スリム・コンパクトなライトスポーツとして登場したヤマハ「SRX250」

カウル付きのレーサーレプリカが各メーカーから誕生する中、SRの派生モデルとして誕生した4ストローク単気筒モデル「SRX 250」は、楽しくスイスイと街やワインディングを走行できるライトスポーツモデルです。

ヤマハライトスポーツの草分け的な存在!

 ヤマハ「SRX250/250F」は、ヒット作となったSRX400/600(1985)の前年に誕生したライトスポーツモデルです。

SRX250(51Y)1984年発売

 SRの派生モデルとして登場したSRX250は、乾燥重量121kg(ハーフフェアリング付きの250Fは123kg)、ホイールベースも1340mmと短く、軽量でスリムな車体でした。

 SRX250には、XT250T のエンジンをベースに2into1マフラーやY.D.I.S(ヤマハ・デュオ・インテークシステム)を採用した空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載し、最高出力32ps/10000rpmを発生させています。ツインキャブは、高速と低速をそれぞれ受け持つ2連装でシングルキャブとの差異はありませんでした。

 ウォームシルバーに塗られた丸パイプの高張力鋼管ダブルクレードルフレームには、フロント16インチ、リアにはニューリンク式モノクロスサスに18インチキャストホイールを採用し、軽快なハイドリングを実現していました。

SRX250(51Y)1984年発売、シングルシートも装備されたYSPカラー

 車体色には、YSP仕様が設定され赤白緑のイタリアンカラーで存在感を増していました。また、SRX250は、海外にも輸出されていました。1985年のSRX250は、ライトを四角型からSRX400/600と同じ丸型に変更されています。

 SRX250(51Y)の価格は、当時37万9000円(Fは、39万5000円)でした。

 ■SRX250(51Y)諸元
 全長×全高×全幅:1970mm×1015mm×710mm
 ホイールベース: 1340mm
 シート高: 750mm
 乾燥重量:121kg(Fは123kg)
 最高出力:32ps/10000rpm
 最大トルク:2.4kg・m/8500rpm
 エンジン:4ストローク空冷単気筒
 総排気量:249cc
 燃料タンク容量:10リットル

SRX250(3WP)1990年発売

 SRX250は、1990年にフルモデルチェンジを行い初期型のスタイルから質感を高めて登場します。

 エンジンは、最高出力を32psから28psへダウンさせ、低中速域の改善やスロットルレスポンスを向上、さらに、前後17インチ中空スポークホイールや前後ディスクブレーキ化したことで、スムーズで扱いやすい味付けのマシンになりました。また、タンクも10リットルから12リットルへと変更されています。

 外観デザインは、SRX400/600と同じような意匠とされ、初代から大幅に変更されました。

 ■SRX250(3WP)諸元
 全長×全高×全幅:1980mm×1015mm×730mm
 ホイールベース:1340mm
 シート高:755mm
 乾燥重量:122kg
 最高出力:28ps/9000rpm
 最大トルク:2.4kg・m/7500rpm
 エンジン:4ストローク空冷単気筒
 総排気量:249cc
 燃料タンク容量:12リットル

 軽量コンパクトで単気筒ながら十分な出力を発揮したSRX250は、街やスポーツ走行でも軽快感を実現した扱いやすいモデルでした。

【了】

【画像】ヤマハ「SRX250」の画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事